フレンド — 大江千里

街で見かけた細い肩を
呼びとめることもできず
指が覚えた市外局番
何度もまわして切った

ぼくらの他の誰もがもう
結婚したというけれど
ちがう理想を比べるたびに
泣きたいくらいひとりさ

車のワイパーが消してゆく
こだわり続ける ぼくの何もかも全部

YOU BELONG TO ME
きみが選んだ道を
許せなかったぼくは
YOU BELONG TO ME
誰かを愛して
さみしさ形にできずに悩んでる

苦しいことが何かあると
すぐにあきらめるきみを
流されそうな街のすみで
ずっと見守っているよ

YOU BELONG TO ME
きみがこだわる道を
ゆずらないでほしい
YOU BELONG TO ME
あの日出逢った全て
誇りに思ってるから

シグナルの途中でかき消されて
うずくまって泣いてた背中見えたよ

YOU BELONG TO ME
きみが選んだ道を
許せなかったぼくは
YOU BELONG TO ME
誰かを愛して
さみしさ形にできずに悩んでる

YOU BELONG TO ME
きみがこだわる道を
ゆずらないでほしい
YOU BELONG TO ME
あの日出逢った全て
誇りに思ってるから