夢の扉 — 大橋純子

裸のままで
泳ぐベッドに
白い波が揺れてる
ゆびでなぞった
月の形を
きっと忘れない
涙のように
落ちた星には
好きな名前あげよう
夏の唇
冬の吐息
淡い夢に閉じこめて
ことばがみつけられなくて
今日も愛はひとりね
でも思いつめていたい
夜を渡るとき
瞳を閉じて
声をしまって
Goodnight My Sweet Heart
また明日

やさしさを教えてほしい
ふれあえるやさしさを
ときめきを感じていたい
熱いときめきを
春の香りに
秋のため息
甘い夢に残して
瞳を閉じて
声をしまって
Goodnight My Sweet Heart
また明日

銀色の月に抱かれて
青い夜空にとけて
夢をいつまでも心に
なくさないように

銀色の月に抱かれて
青い夜空にとけて
夢をいつまでも心に
なくさないように