さよならと同じRain — 大橋純子

なぜ まなざしはいつも遠い夏を見るの
なぜ 唇はいまも熱くふるえてるの
さみしさのめまいから
抱かれてみたひとは
つらいほどあなたに似てた
腕をふりはらって
駆けだしたアスファルト 長い夜
追いかけてくるのは
さよならの8月とおなじ雨
あぁつかまえてこのからだ
Passion In The Rain…

なぜ 捨てたはずなのに夢はあたたかいの
なぜ 消した名前だけ夜に思いだすの
ふたりで着てたシャツを
連れていった日から
ずっと裸でいるようで
すれちがう季節が
あなたの消息さえ隠してる
わたしだけがなにも
きっと知らないでいる雨のなか
あぁつかまえてこの想い
Passion In The Rain…

涙とちがうのに
心まで濡らしてる熱い雨
あなたを思いだす
さよならの8月とおなじ雨
あぁつかまえてこの想い
Passion In The Rain…