ある夜のWonder — 大橋純子

Danceの後の
甘い誘い耳をふさぎ
ガラスの扉(ドア)を
壊すように飛び出す街
そう突然すべて
もう色あせて
どこか遠くへ
行けそうな気がしてる
このまま

Wondering 胸の響き
いまWondering 聞こえてくるから
あきらめない自分を見て
Wondering 輝きたい
いまWondering 自由になりたい
誰でもない このハート

流行りの服が
心にまで重たくなる
交わすことばは
なぜか違うニュアンスだし
そうまわりを見たら
もう目がまわる
まるでみんなと
同じ自分がいるわ
いますぐ

Wondering 瞳(め)をひらいて
このWondering 夢が新しい
縛られない自分を見て
Wondering なにもかもを
いまWondering 思い切るときよ
たったひとつ このハート

Wondering 胸の響き
いまWondering 聞こえてくるから
あきらめない自分を見て
Wondering 輝きたい
いまWondering 自由になりたい
誰でもない このハート