アザナエル — 大槻ケンヂ

ほとぼり冷めるまで 放浪
遠ざかる風景に 漂う
君が寝ている隙に あー町を出て

秋には涙ぐむ人達
冬には諦めた者達
いつか落ち着けたなら あー手紙書くよ

君の悲しみさえも 愛してた
どんなに離れていても そうです

風や空や時のロープは 僕らを結び
去りし者と生きる者とを
あー強く 糾える

春には温かな人達
夏には微笑んだ者達
楽しいこともあるから あー手紙書くよ

君の憎しみさえも 愛してた
例え離れていても そうです

花や夢や時のロープは 僕らを結び
僕の過去と君の今とを
あー強く 糾える