それは太陽の仕業 甘いオレンジの匂いゆらりゆれる ふわり触れる木漏れ日に名前をつけにゆこう街を抜け 口ずさむメロディは優しいあの頃を連れてくるよ地平線 探しにゆこうと決めた本をたたんだら 風に乗るのさ錆びたフェンス 君の相槌響くチャイム どこか遠くへそれは太陽の仕業 甘いオレンジの匂いゆらりゆれる ふわり触れる木漏れ日に名前をつけにゆこう誰かがくれた大切な言葉胸に抱きながら 見つめた夕日北の空 一
明日には言えるような気がしたバスは揺れながら春をゆく目を閉じて最後の絵を描いた水彩に滲むはしゃいだ頃雨のように花が降ってゆく黒い髪がなびく 胸の音で目覚める桜の雨 僕は君を探してまた繰り返し繰り返して笑うさよならまたいつか会えた時にもきっと笑うよ三月の君はすごく綺麗でやわらかい月に打ち明けて届けたい言葉を編んでも花びらを数えても 季節は歩いてゆく時をとめて君を連れ去ってしまいたい雲を裂くあの鳥のよ
眠れずにチャンネルまわしたビデオデッキの時刻は15分ずれてる外は雨 濡れてるベランダつまらないねと壊れたはずのメトロノームが刻むフライパンがまるでブリッジしてるシンクニュースは平行線 誰か笑ってよピアノを鳴らすよこぼれ落ちそうなほど素敵なメロディまるでここは夢の中 和音が漏れて外はゼリービーンズの雨が降り続くミッドナイト今夜ここに君がいない だけどフレーズは響くねえ 聞こえるかい 君にも本屋の前 
カラスのゆうことにゃ 人は耳を貸さない人がもし鳥なら カラスみたいなもんさ変わり果てた世界で強くなろうとしてきたその意思をくちばしに宿し越えよカラス 抗い生きろ弧を描き見つめるその瞳は美しい黒い黒い黒い空を生きるただ術を貫いているだけ青い青い青い空はひどくこの世界を惑わすだけ夕立ち降り注ぐ 山へと続く空懐かしい歌さえ 忘れてしまいそうであまりに白く無垢な心を脅かされぬように神は色を下さった戦い生き
今日のランチはなんだろう 朝から気になってるよローストビーフは前菜さ 特に理由もないのさそうだ明日 パーティーをやろう秋の収穫祭をやろうよナスにシメジ パンプキンパイ 昨日もやったけど明日もやろうよ パーティーを王様はいつだって 食べることが幸せさ毎日フルコース 人生このままフルコースさときどきヘルスメーター ときどきおなかをこわしてでもなんだろう満たされないこのぽっかりは何だろうある日城下町の外
四角い涙をこぼした時の青い青い空を忘れない転んだ先に落ちていた土だらけの教科書母に手をひかれた駐車場の空に飛行船ひとつあんな風(ふう)に あんな風(かぜ)に乗ってどこまでも行けたらいい夢を乗せて 見知らぬ国へ少年の瞳に空を映してどうしてあんなこと言ったんだろう君を怒らせてしまったつかみ合ったシャツがよれていたひとりぼっち帰り道明日になることがこわかった夕暮れ飛行船ひとつ空(くう)を切って 空(そら
君と初めてのデート 並んでたべたアイスキャンディハズレの棒で笑えてた ゴミ箱を探して歩いた波の合間にキスをした 砂の数だけ想ってた茜に染まるあの空を おんなじ顔で見つめていたんだ君はいまどこにいるんだろう 今年もまたあの夏がくる初恋はアイスキャンディのように甘く 溶けてゆくバニラエッセンスの匂いが 売店の窓から溢れてゆくよさよならって君が泣いた ありがとうって僕が泣いたサンダルの音が響く 君の背中
子供の頃読んだ童話にはもうひとつの世界があったんだ僕は翌朝旅に出た貯金箱と大事な本をいくつかもってゆらりゆれる太陽のかげ雲はまぶしく光るおじいさんにもらったパンをかじったらクジラの背中に乗って海をゆこう裸足のまま 空は気まぐれ海水のメロディ 泡のようにじゃれよう日は昇る そんな奇跡を胸に抱いて風に飛ぶ麦わら帽子で君に気がついた昼下がり首にぶら下げたハーモニカ旅の理由を聞かせておくれよまわるまわる星
ペダルはぎこちなくて返すべき言葉を探した加速していく時間だけを景色のように見ていたなのに君があんまり笑うから朝が少し好きでさ両手いっぱいの種をまく姿に 目が離せないこの世界を君は青く 青く染めていく光が窓を通り抜けるきら きら きら坂道の先にある 花の咲く日向へ水玉模様が好きだと笑う君 季節の中忘れかけてたあの光を たやすく君は灯した陰日向で消えそうな頃あっちへ行こうよって言った雲を指で追いかける
ガラス瓶を落として 破片を拾い集める日々遮光性のカーテンと戯れる右手優しい君の言葉さえ 信じられない僕放課後のざわめき 壊したくなる掲示板舞台のうえで踊り続ける僕らセリフを間違えて 罵声が響くスポットライトの熱に慣れることもなくて踏み外した檀上 ともだちがいない隠したものを出しなさい 震える腕はもうもたない正義や悪があるのならどちらがどちらを裁くだろうこんなもののためならばと 焼却炉へ向かういつか
おばあちゃんのね 手のしわや 顔のしわ見つめてしまうよおばあちゃんのね 笑う顔は畑の中 心の中輝いてたまあるいまあるい笑顔で優しく僕らを迎えるんだおばあちゃんのね 髪の毛はいつも変な方へ流れているよおばあちゃんのね 若い頃はどんなだったろうかと想像してみるんだよまあるいまあるい笑顔で優しくおじいちゃんに微笑んだろう僕の生まれるずっとまえにおじいちゃんはもういなくなってた死んでしまったおばあちゃんは
真っ赤なリボンを揺らして 黒縁のメガネを光らせて教壇に立ったあの子は真面目な真面目な学級委員誰よりも早く登校して 制服の着方にうるさくて男子相手にもひるまず 真面目な真面目な学級委員だけど僕は知っている ほんとの君を知っている下校途中河川敷で君がひとりで泣いてたのをなんだろうこんな気持ち なんだろうこの痛みはなんだろうこんな気持ち なんだろう離れないんだ教科書を忘れたある日 隣の君に借りたんだ少し
1「僕は数字の1です。ナンバーワンです。どうも最初はみんな僕を使います。」2「私は数字の2です。会社はナンバーツーが要です。準がつきますが優勝です。」3「僕は数字の3です。東京タワーの高さです。ギリギリメダルが貰えます。」4「私は数字の4です。忌み嫌われてます。9だけが友達。なんだかんだって結局ダジャレじゃないの。」いつだってそれでも祈ってる幸せはやってくんだと この曲だってほら4拍子でしょ打率は
ひばりの鳴く声に君を想った群青色の空には一番星が輝く帯を気にして 眉をひそめた言えないままに時は過ぎてくいつも肩を見つめていた八月に響き渡る 夜空に咲き消えてく銀牡丹触れない握れない手が小さく拍手をしていた草は日差しを浴びて銀色に光る飛行機雲ひとつ 夏の終わりに黒い浴衣に赤い花模様人混みの中何もできずにいつも肩を見つめていた八月に響き渡る 夜空に咲き消えてく銀牡丹心の中何度も叫んでいた 煙が風に流
ガラクタを越えて空を見上げて今日も生きる青い青いあの空の意味はわからないけれど今日こそがすべて すべてだから猫の暮らしは着の身着のまま ときどきどきどきある雨の夜あたしはあなたに拾われたわ すべての世界が変わったわねこ ねこ ねこ ねこ ねこのきもちあなたにわかってほしいわ あたしはあなたが大好きよねこ ねこ ねこ ねこ ねこのきもちそれでもときどき思い出すの 橋の下で寝たい時もあるのよ月曜から金
嫌になるなぁ 上司ときたらさ 嫌になるなぁ 不景気ときたらさ夜の公園 疲れた足 砂場にしゃがみこんだくたびれたグリーンのスコップ ひび割れたバケツスーツを汚しながら 穴を掘る繰り返し繰り返し 穴を掘る 誰がために穴の代わりに山ができるんだ平等と平和はきっと違うんだろうときどきすべてを投げ出したくなるけどざくざくと掘り続けていると浮かぶんだ 大切な人達の顔が守りたいんだ この腕はそのためにあんだ大切