響~HIBIKI~ — 坂詰美紗子

どれだけの時を越えてみても
消えることのない胸の傷を
抱えながら 生きてゆくの?
誰もが強くなりたい 星に願う…

このまま どこか遠く消えさりたいと思っても
それでも何もかもを捨てきれずに明日を生きる

理由(ワケ)も夢も分からないまま
旅路をさまようけど
きっと素敵なことがあるから この歌が響くよ

どれだけの時を越えてみても
消えることのない胸の傷を
抱えながら 生きてゆくの?
誰もが強くなりたい 星に願う…

許せない ことばかりで 全てのことが嫌になって
自分を知らないまま 明日への希望を探した

幼いときのほほえみすら 忘れていたことさえ
気づかないくらいに 傷ついて
それでもまた 愛した

どれだけの時を越えてみても
消えることのない胸の痛み
明日を生きる強さになる
いつの日か涙さえも 星に変わる

何か変わる そう信じて疲れはてたら
せめて今はこの歌に身をまかせて

このままずっと 探していても
見つかりそうになかったものが
僕の中におちていたよ
忘れかけてたむじゃきな 笑顔になる…