KAFKA — 土屋昌巳

Take 2……………でない……………か、または……………
………であり、また……………は、みんな……………
である
Take 2……………でない……………か、または……………
………であり、また……………は、みんな……………
である
…………………………
…………………………
…………………………