マイ・ロンリイ・グッバイ・クラブ — 和久井映見

車にのれば行ってしまう 丘の真上の
マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ
まわりとびらの 向こうでいつも
あの人が待ってた
わたしは仕立ておろしのドレス
髪にとめた星のヘアピン
あんなに心おどらせた
素敵な夜があったでしょうか

ひとりでいたら 泣いてしまう 月の真下の
マイ・ロンリィ・ハート・クラブ
たばこのけむりが目にしみて
もう何も見えない
聞イテ忘れじのシティーブルース
声を枯らして 歌っています
あんなに心しめつけた
せつない恋があったでしょうか
ようこそここへ マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ
ワインつぎましょう 火をともしましょう
けれどあなたが マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ
失くした恋だけは 差しあげられない

遠い想い出 追いかけるには
高いヒールがジャマになる
あの人ほど心くるわせた
素敵な人が あったでしょうか
今夜もここで マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ
思い出しても すぐわすれなさい
だってあなたが マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ
失くした恋だけは 差しあげられない

マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ
失くした恋だけは 差しあげられない
マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ
失くした恋だけは 差しあげられない