マークII – 吉田拓郎

さよならが 言えないで どこまでも歩いたね
街あかりさえ消えて 足音が淋しいよ
わかってくれる ただ一人の君を はなしたくないのに
冷たいこの世界

みつめたら 泣いていた いとおしい君だった
悲しみをこらえてる 傷ついた若い恋
また会うときは 大人になっているだろう 別れたくないのに
冷たいこの世界

年老いた男が 川面を見つめて
時の流れを 知る日が 来るだろうか