ある雨の日の情景 — 吉田拓郎

バスが止まって 外は雨がふっている
ガラス窓に いっぱい並んだ雨だれの
むこうで誰かが タバコに 火をつけた

それから人は 皆 傘をさして
まるで心を 傘でかくせるみたいに
そして 黙って 雨の中を歩いてる

それから雨は どこかの風と一緒に
茶色のハッパを一枚 落としていった
それから 皆 雨にぬれて歩いてる

雨の中を バスは動き出した