名前も知らない恋人へ — 古谷一行

春の緑の中 君は長い髪を
そよぐ風になびかせ
微笑んでいて欲しい
微笑んでいて欲しい

夏の光る海 君は焼けた素肌を
よせる波にまかせて
漂っていて欲しい
漂っていて欲しい

秋のさみしさの中 君は澄んだ瞳に
透きとおった涙を
湛えていて欲しい
湛えていて欲しい

冬の寒い夜 君はふと目をさまして
雪の舞う静けさを
聞いていて欲しい
聞いていて欲しい

季節のうつろいの中 君は星をかぞえて
帰る僕の愛だけを
待っていて欲しい
待っていて欲しい