素顔に咲く花 — 北島三郎

人の流れに 歩き疲れて
残ったままの 君の 足跡ひとつ
奇麗なものが 霞んだ時は
思い出してごらん 街外れの景色

ときに迷いながら 見つける詩(うた)がある
路(みち)に埋もれながら 生きてる種もある
いつか素顔に 花が咲くから

いつでも夢は 夢のままだと
堪(こら)えた胸に ぽつり 涙が落ちた
手繰(たぐ)った糸も 途切れたときは
思い出してごらん 街外れの夕陽

時にはぐれながら 出逢える人がいる
人は支え合って 笑顔の意味になる
いつか素顔に 花が咲くから

ときに迷いながら 見つける詩(うた)がある
路(みち)に埋もれながら 生きてる種もある
いつか素顔に 花が咲くから
花が咲くから……