北風によせて — 加川良

北風の中長い旅だった
君の顔からあまり離れてた
君がいないで淋しいよ

便りを出そう もっとゆっくり書こう
何といえば わかってもらえる
君がいないで淋しいよ

君のうなじに夜の優しさを見つけ
君のくちもとと夜露が恋をして
でもそれはぼくの思い違いだろうか
それとも今じゃておくれだろうか
君がいないで淋しいよ

北風の中長い旅だった
君の顔があまりに離れてた
君がいないで淋しいよ