あなたの気配気配の中呼吸してく毎日が過ぎてあなたの手その温もり感じながら落ちる眠り私の夢とあなたの夢ほんの少し重なる場所気づけば愛の歌が始まる耳をすましてわからない気持ちのすべて心の闇は目もくらむほどそれでも時は積もってゆく二人の時間さみしさ越えてあなたが言って私が笑う涙を拭いて 呼吸をひとつ気づけば愛の風が吹いてく明日の方へ私の夢とあなたの夢ほんの少し重なる場所気づけば愛の歌が始まる耳をすまして