翔べるはずさ あの蒼空(そら)をおまえにしか出来ないSo 魅せつけるほど響かせその音色で その情熱(こころ)で 明日(あす)をつかめ誰かのせいにしたり 弱さを優しさと言いかえてみたって なんにもならない投げやりな感情に 流されて逃げてもその手に残るのは 小さなプライドさこんなもんじゃない 真実(ほんとう)の輝きもっと(もっと) もっと(もっと)奪っていけばいい そうさ(Are You Ready to
死するより 朽ちるより残酷な屈辱を与えた 旋律が輝きを取り戻す天啓をひらめかせ舞い翔び 降り注ぐ地の底を這いまわる亡者の如く聖(きよ)らかな響きから魂魄(たましい)はもう逃げられないお前こそ運命の我が女神地上に降り立った焦がれ続けた美しき光俺を支配(おさ)めよ そうだ下僕(しもべ)となろう名を叫び 音を呼び囚われて時を止めてまでも 求めてた眠りから黄泉帰(よみがえ)る天上も揺るがせて放った 眩しさ