ドキドキが止まらないんだよah 君がスキだよもう周りの状況関係なしです指の隙間を ほら君が埋めていく 離さないでいて街は流星 流れるハイウェイah 連なるテイルランプ眺めて願う こんな関係が壊れないで 欲しいだけよForever…どんな風に笑い合える? 未来描く?君が笑ってくれるだけで それでいいEverything, Every timeEverywhere, Every nightCrazy in
So feel like magic!今ここからSo go underway!始まるstory本当の自分を隠したって (隠したって)Heartには嘘をつけないから (つけないから)“さあ vanillaな毎日marbleしちゃえ freedom!好きなように進もうよ skipしてbaby?”後悔だってspicy!So feel like magic!passion はじけてSo free and
柔らかい雨粒が頬に世界で一番小さい2人のStream雲ひとつない天気雨二人の距離を縮めた(キラキラSunshine)水色が乱反射して(プリズムRainbow)この街に虹をかけてく女の子はいつでも恋するYellow Sweetはじまりは雨の匂いみたい 傘に隠れて頬にKissキミの瞳に映る私 今だけは止まないでYellow Sweetthe Yellow Sweet Rain wraps me.the
歩き出すまで 震えてたのに気づいたら 夢中でここまで来てた手に入れたもの 失くしたものきっと全部が わたしのマテリアルもしも未来から 不安が消えたならそこからは希望さえも消えちゃうでしょ?今 少しだけわかったの進まなきゃ 何もないってことだ叫びたい衝動 背中を押されてわたしがわたしをアップデートしてくどこまで行くんだろう?どこに向かうんだろう?Say Goodbye, Say Hello何度でもさ
タイミング 揃ってゆく好きなもの 君に似てくる君と出会う前の私思い出せないほど増えてゆく 「当たり前」を流さずに大事に抱きしめた誰よりも 笑顔にしたいやっと見つけたんだ君が嬉しいから嬉しくて満ちてゆけば足りなくなる心 溶けるたび愛しくなって苦しいけど 離せない好きだよ 零れ落ちてゆく全ての道が君に 伸びてゆくキャンドルを 窓に灯す帰る場所 すぐ分かるように約束はしなくてもいい明かりはもう 消えない
週末のパーティーに誘われ終日止まらないよ心ドキドキ時計の針にまた追われてベッドに押し込まれる暮らしはもう飽き飽き厳かに運ばれるいつもの日替わりのディナーよりも一夜のスリルが 味わいたいの誰もが私のことをうらやむけどまわりが見るほど素敵じゃないのWeekend待ってるだけなんてハートはとても退屈なんだ欲しいものはいつもすぐそばにあるのにその手が届かなくてもう一回キミに出会えるその日まで今すぐほらSay
水たまり跳ねるキラメキBe shining 瞳 奪うわ無垢でキレイ点が線に変わる瞬間I grow up 衝動感じては秘めたEverything望まれた私だけ 追いかけてたのいつの間に 着せられた 純白のチュール窮屈って思いさえ 抑えつけては自分を見失ってどんな風に生きる?決定打のない日々に震えてたどうして Under ControlCrush my soul and build up it自由な感
その手で触れた温度一秒ごとに変わる万華鏡みたいだね愛の色は不思議不敵な唇には臆病ものが混ざる今だけ閉じ込めたいよお互いの隠し事持ちよって覗きこんだ廻る回る こころ綺麗すぎただけ悲しみとゆらゆらり哀愁ロンドハネてはねてふわり熱を帯びてゆくah ah a ah ah見てるだけじゃah ah a ah ahじれったいだけどah ah a ah ahこの手の中で踊れ歪(いびつ)にずれた鼓動一秒ごとに深くや
shine琥珀色の中 濁った一瞬の出来事があるdaysやり直したとしてもどうして 同じとこで止まる消えそうで消えなくて 千の夜過ごした私を忘れ 景色はいま輝いてる固く閉ざすドアの向こう希望は塗り替えられ 嘘になって街並みは変わっていくwhy間違いなんてない 必然みんなはそう言うけれどpainそんな慰めじゃ未来も過去も救われない幸せを 大切に大切に壊して私を忘れ 世界はもう回り出したどうか置いていか
こころ ざわめくところ寂しがるこころ風が 吹きぬけてしまうところ目覚め コットンシャツに袖をとおしたら凛として冷えた朝だったきみはどうしてる?ひとつまた季節がゆくせつない日の ためいきも少しずつ白くかわる予感温もり 温もりが私を動かしたまあるく胸で息をする想い出粉雪 粉雪のなかでそっと手をつないだふるえる暖かさを いつも感じている想い 凍える思いすれ違うオモイ涙 凍りつくほどに重いとけて ほどけて
もう夜明けの蒼が 昨日を飲み込む小さな部屋に 残されたのはいつかのわたしの願いごと変わらないことがあるなんてどうして思ったんだろう?思い出が 騒ぎはじめる明けてゆく空の向こうに帰る星たちに 切に願うよこぼれずに にじんだ涙あふれるほどの優しさや愛しさがどうか ありますようにねえ 何か手にして 何かを失くしてそれでも続く 日々のほとりできみは今 何を求めてる?わからない だからわかりたいあきらめや切
飽きるくらい普通の 明日がまた来ると疑わず信じてた昨日と変わらない今日なんてない小さな夢がまた一つ生まれた走ってる途中 拾えなかった落としものも 今ではちゃんと見つけるから積み重なってく 偶然と運命振り向けば 美しくて儚い崩れたとしても不思議じゃないのに当たり前じゃなくなって 当たり前に気付いたずっとここにいたんだ眩しくて見えなかった 光の真ん中でページをまためくるよありふれた 世界で一つの 物語
ビルが映す私ちょっと 弾んだ気持ちさ Special Day(まるで)街中がShineお気に入りのプレイリストでゆこう(きっと)ネガティブ デビルも (Makes You Smile)笑顔になれるような Sweet Melodyドキドキしてるね ワクワクしてるね両手を上げてほら Sparking Time!聞かせてEverlasting Parade始まるカーニバルキラキラシャワーと波をかき分けEverlasting
胸に灯された、その笑顔暗闇のなかでさえも道を照らす アイシテルずっと続けてくと決めたんだきみとの約束にキスを離れていてもほのかな微笑み 遠くを見る瞳スミレ色 浮かべている時は湖の小舟のように想い出を揺らしながら進むいつまでも香りが残るいろんな笑顔があるということ教えてくれた きみを忘れない一緒にいる 同じ夢の隣にいとしさや誓いや勇気いろんな涙もあるということ頷くだけで こぼれちゃいそうだよ抱きしめ
きらきらひかる 瞳はSHINY RED抱きしめていて 私をみつめてゆらゆらゆれる ココロはICE BLUE今すぐ…いつも一人で過ごした時間の中 流れ始めてる胸に抱いたこの思いはどんな色? 染められてく色の無い世界で生まれた私はPINK のほっぺたに憧れていたのあなたの瞳の色した世界が広がってくきらきらひかる 瞳はSHINY RED抱きしめていて 私をみつめてゆらゆらゆれる ココロはICE BLUE
言葉を忘れたみたいにもし君が俯いて後戻りしようとしてても助けることがもうできないの君は誰かの方向いたままに消えたまるで通り雨みたいにそれは甘くて 苦くて切ない恋心だと思っていたから知らないふりで振り向く瞳(め)を合わせてと 言いたい言えない 私だけのこの想い嫌いになれないことも辛いとせめてでもわかって水たまり 浮かぶ空まで私の心の模様さりげない君の笑顔さえすぐに頬が濡れてしまうの伝わらない想い秘め
好きになっちゃいけないと 思ってしまって つまりキミが好きだということに 気付いてしまったのキミと目が合った時 ニコっとしてもいいのかな…?それすら 分かんないくらいに フクザツな気持ちなの初めて会ったときはまだ みんなの中のひとりだったでも気になってしまったの キミの笑顔を見た瞬間目が離せなくなって 魔法にかかった笑わないで 笑わないで そんなに無邪気に笑わないで笑わないで 笑わないで いたずら
私の言葉だけを 信じてくれてるかな今はまだキミを守れない なんて悔しいけど気づいてるかな 私の気持ちこんな時間が ずっと続いてくのかな夢の中では そばにいたのにどこ探しても キミがいないと気づいた昨日の想いが まだ心に残りお互いのことが 愛しく感じて私の言葉だけを 信じてくれてるかな今はまだキミを守れない なんて悔しいけど時には泣きたい日も 一人寂しい夜もいつか見たあの景色だけを ずっと探している
お待たせみんな時間だよ 舞台ウラウラ話をちょっとだけね そっとここで耳打ちお騒がせでも構わない 期待ソワソワしててねどこまでも あっという間に盛り上げちゃうからYeah 台本のページ 書いてない秘密のトビラを見つけちゃおう 開いちゃおう誰も邪魔させないCheck 終わらない夜をkeeping君のリズム 感じたらready go一緒だよね Everybody smileyCheck 止まらない夢のtalking
小さなナイフで自分を殺したこぼれ落ちたのは真っ赤なサンシャインかすんだ視界のわずかな隙間に映っていたのは 虚ろな微笑み嘘だらけな言の葉を操って惑わせていくafraid…うわの空で私を愛せるの?誤摩化し笑いでほらほら逃げないでよ無責任に大好きとか言わないでそこにはもう愛なんて存在しない月の影に消える虚ろな瞳と投げ出した手足すさんだ心に乾いた口づけそして出来たのはあどけないドール瞬きもせずにあなたを見
プライドは着飾るものじゃないだから鏡の前では脱いでしまうでも全て知った顔はしないで隠した涙の数は教えないよ安っぽい (形だけの)約束 (まるで)冗談ね聞き返す価値もないわいつかの誰かと少し似ているアナタだけど声が違う(But that is good. so good)煙のなかで確かめ合う優しさは揺らめく 揺らめく痕もつけず消えてゆく今日の空に昨日の雲浮かべ日差しの強い午後に嘘を試した愛してる振り
あなたへあなたへあなたへと届け私の私の私のMELODY摩擦してる 二人の気持ちだけど私は間違ってないケンカしたり すれ違っては愛が削られてくこのまま ねえ 私あなたのこと好きでいつづけてもいいのかなマイナスの方に傾いてるまるでまるで 違う星に生まれたみたいね何か何か 出会った意味 二人にあったのかな私が会いたいと思う日に あなたはいないの膝の上のイヤフォン 流れ出してる二人を繋ぐこのMELODY幸
痛みを重ねるほどに何故か感じなくなってくどうしてだろう (ワカラナイ)弱い気持ちに負けそうな時涙を止めるような心はまだ (モッテナイ)吐き気がする こんな世界は変えてやるんだ 他でもない自分が心臓貫くその衝撃と骨の軋みを もっと味わえば良い牙を剥く偽りのアイは自らの手でサァ、キ リ ス テ ロ言い訳はもう出し切ったでしょ認めないよリスタート私そんなに (アマクナイ)強い気持ちを呼び覚ますのは握りし
太陽は燃えている 触れられないこの胸の叫びよ 届いて闇雲に光を追い掛ければ熱さでこの身体も焦がれていくどうしてこんなに 抗って君を求める揺れる花の音色に どうか気付いてよ誰からも愛されて 孤独も君を愛した夢の中でも良い 君に会えるならこの心にもっと焼き付けて君があまりに優しく笑うからあと少しだけ お願い眠らせてよ真っ赤に包まれたその身体を見る事も触れる事も叶わないもう良い 要らない されど深く巡る
気付けば ずっと奥のほう砂漠のように侵食する心のなかのモンスターこの夢と引き換えに僕の自由を差し出そうかもどれない 絶望アンバランス交わる 声が たぎる果てた 想い背負って ゆくの輝くたびに 影ばかりきわだって悲しみ照らすいつかこの想い いやされる時が来るtime goes by Im OK?走りだす もう迷わないように前を向いて 涙がこぼれないように離れるほど 近づいてく埋めたはずの孤独がうず
始まっていた 光に眼をあけたカラフルな花 いっせいに咲き誇った微笑んでいる君やみんながそばにいて輝いてる ひとりではない物語を紡いでく時間 (時が熟す)本のページをめくるたび行間の空白にさえも こめられた意味が少しずつ心のなか 開いてくそんな風に 君の瞳があの日 伝えたいよって願ってた言葉が予言のようにまたひとつ 果実をつけるよ動きだしてる 今こそBlooming, Blooming!カラフルな花
久しぶりに履く スニーカーはチョウチョ結び 羽根がふわり 街に出たくなる5センチ下がったら 思い出した赤信号で 未来待ち 前ばっか見てたっけ横断歩道 シロクロの吊り橋一歩一歩に ドキドキするくらいが ちょうどイイ!楽しいだけじゃ そっけないし 辛いだけじゃ つまらないよね毎日を スリリングに 彩るんだ歩くだけじゃ ありきたり 走り過ぎは 疲れちゃうわたしらしく 進めばいいんだ行こう 行こう スニー
もしも最初に知っていたのならきっと気付いてないでしょう浴衣着てきてねの一言が口火を切った いつもの夏が特別な夏になった待ち合わせの改札でもすぐあなたを見つけてしまう19時まであと1時間瞬きもしたくないよ心に形があったなら恋に色がもしあったなら今の私 バレちゃうな打ち上がる花火があなたの横顔を染めてゆくよ願いごと 一つだけだよ神様に届くかな時間よ止まれ このまま同じ夜空の下にいたそれだから気持ちも一
小さな窓の向こう世界は狭くないよさえずることを 諦めた鳥たちこの指止まれなんてこと してしまったんだろう逃げ出したのは僕の方だったけど背を向けた瞬間 こんなにも早く何もかも変わってしまうなんて熱い熱い気持ち カラダ駆け巡る抱きしめた情熱 騒ぎ始める行かないで 行かないでだけど追いつけないよそれは未来じゃなく 過去にあるから求めても 求めても手は届かないよだけど決して幻じゃないここからは僕自身が作る
進め! ワン トゥ スリー 希望を手に踏み出せ その一歩全身! 全力! 全開! 前進!旅が始まるんだ進路OK 準備OK 目指す場所までGo WAY! Go Tight! Go Fight! Go Right!信じて進むんだ!感覚OK 風向きOK 方向定めSo Hard?! So