今日もきれいな君の素顔は 知らない何も聞かないそれが二人の約束よ空いたグラス カラのボトル夢は夢のまま…たまに逢えなきゃつらいたまに逢えればいいの大人同士 そんな洒落た仲恋と呼ぶには少し切なさ 足りないだけどさよならはイヤ灯りを消さないで濡れたグラス 次のボトル夢を注ぎ足して…いつか終わりが来てもそれは今夜じゃないわ大人同士 そんな洒落た仲肩を抱けば しみる夜風夢がにじむ街…淋しがりやさ君は淋しが
窓辺に舞い散る 楓(メイプル)の落葉たち静かに降りつもる ふたりの時間(とき)のようね胸に残された くちづけの痕跡(あと)を指でなぞれば うずきだす恋心ああ… あなたに出逢い また愛を信じられた泣きたいほどの幸せに愛を 愛を信じたたどり着けたの 夢のたもとまであなた あなただけが永遠の恋人(ひと)よ離れるそばから 逢いたくて堪らない切なさ止まらない こんなに揺れる心どんな形でも いつか来る別離(わ