終わる景色を見てまた置いていくと知るこの出会い、別れと、絆も訪れる未来が帰り着く場所なのかわからないから進むのでしょう閉じたままで視えた光開くことで見える闇を一刀繚乱生き抜け修羅舞う道脈打つ宿命 断ち切り今をどうかとこしえにまで刻めたった一つの想い形に残らないとしても悲しいことならば捨ててしまいましょう楽しいことなら抱えましょう「まだ人であるならば」なんて図々しいけどそれくらいがきっと丁度良いんじ