DAWN — 八神純子

銀河の光が 夜明けに 溶ける空
さよなら 少女の私が 眠るふるさと
心のポケットには 勇気と つくりかけの歌

あなたは まだ夢の中 ごめんなさいね
ドアの外の ライラックが 別れの言葉がわり

静かな暮しに 抱かれて 生きるより
見知らぬ明日に 私を賭けてみたいの
人は笑うでしょう“人生はゲームじゃない”って……

あなただけは いつの日か わかってほしい
迷いぬいた 旅立ちの つらさと 頼りなさを

あなたは まだ夢の中 ごめんなさいね
あなただけを 愛してた 私を置いてゆくわ

あなたは まだ夢の中 ごめんなさいね
あなただけを 愛してた 私を置いてゆくわ