渚 — 八神純子

きれいな ブルーのTシャツ
あなたは 良く 似合ってる
海に負けない程よ
“好きよ”そんな笑い顔
コーラのビンを かかえて あなたは かけて来るの
まぶしすぎて 目を閉じた 今日の あなたの背中

愛の告白の時
何も 言葉は いらない
そのかわり やさしく 抱きしめて

ひと休みした後で
海ぞくの 絵なんか 書いて
むじゃきに 二人笑う まるで 子供みたいね

愛の告白の時
少し真面目な顔して
そっと そっと 口づけて

愛の告白の時
何も 言葉は いらない
そのかわり やさしく 抱きしめて