揺れる気持 — 八神純子

あの人が さがしていた
レコードを 今頃 見つけた
ひにくなものね つぶやきながら いつか
ぬれていた ほほ

寄せては かえす 波の様な 気持
その日 その日で 新しいの
もしも 歩道のむこうを
あなたが 歩いてたら 大きく
手を ふってるでしょう

あの人は 白い車
海辺までの ドライブが 好きだった
そして 私は 夕陽の中で 赤く染って行く

寄せては かえす 波の様な 気持ち
その日 その日で 新しいの
もしも ぐうぜん 会えたならば
ほほえんで 大きく 声かけてるでしょう