いつもの店と いつもの煙いつもの相手と いつもの話俺は人とは 違うのと違う同志で 肩を組む酒のツマミの人生論は家路の明かりで さめてゆく夜につまずき 裏道でころがり子供の泣き声で 自分に気付く生きてるだけの 人生ならば何もこんなに 酒を飲みはしない酒を 酒をこんなに 飲みはしないいつもの部屋の いつもの女いつもの朝に 外を見て俺は奴らと 違うのと同じ電車でゆられてく恋のツマミのやさしさは鏡の自分で