君は夏のマタドール光る風をあびながら(夢の) 空に舞うあふれそうな涙とひとりでいつも戦っていた君Ah 遠くから心配してたよいつか壊れてしまいそうで夢を試したい旅に出た君から海越えた絵ハガキ見知らぬ異国のah 文字だね光れ夏のマタドール自分の勇気信じた人が虹をかけるいつもそばにいるよ君が僕を呼んでいる(遠い) その町に行こうリラの咲くころバルセロナへOh oh woh woh きっと太陽の国の言葉で
プールに飛び込む時の胸の高鳴りを忘れいつの間にか魚の気分でいたから何処かに合わせたはずの目覚し時計が切れたこれで終わりかとほんの少し目を閉じたよ君の瞳の中もう一度見たいな僕が投げ込んでたあの日の夢を夢をキラキラの水を破り僕は空に飛び出した君は僕にHappy Birthday 歌ってくれるね僕は心の中にも白いシャツを着せられて夢のかたちさえ決められずに泳いでたね君が僕のこと気づいてくれた日すぐに戻れ
ようこそここへ 遊ぼうよパラダイス胸の林檎むいて大人は見えない しゃかりきコロンブス夢の島までは さがせない空をほしがる子供達さみしそうだねその瞳 ついておいでしぼんだままの 風船じゃ海の広さを計れない まして夢は飛ばせないスーツケースの中に愛の言葉を掛けて入れて行こうごきげんいかが はしゃごうよパラダイス心の傘ひらき大人は見えない しゃかりきコロンブス夢の島までは さがせない嘘じゃないよ 息を止
信じておくれ冥王星の闇の中からFOR MY LOVE AND FOR YOUR LOVE大きく広げた手のひらにもうすぐ真っ赤な陽がのぼる地球の自転の変わりめに 生まれてきたやさしく燃えてるくちびるにいつかは静かに陽がおちる地球の軌道を確かめに とんできたよ今こそすべてなんて きれいごと命の限りなんて 信じちゃいられない夢見ておくれ(ALL NIGHT LONG)誓ってほしい(HOLD ME TIGHT
So Maybe Maybe Fall In Love With You涙をふいてあげよう聞いてごらん風のうた 君の季節がそこまできてる遠い道を 歩いてきたね君に逢えて よかった胸の痛み つたわるほどに抱きしめてあげたい重い靴をぬいで さあ僕と踊ろうこの街でだれもがめぐり逢い愛しあって そして別れてゆくだけどきっと新しい明日はおとずれるだろう昨日よりもかがやいた 君の瞳に世界が映る君はなにを さが
遠い空から 追いかけてきたのさジョージアタウンの 優しい雨が降ってるひかりを浴びて like a shower彼女の揺れる髪この路をゆくのさ心のまま もとめるままひとつの想い 三つにわけて心のまま 信じるまま明日まで 歩こうそっと寝顔に 星影がささやく眠れぬ夜から おまえは瞳ふせた耳をすませば bird call morning額にくちづけを旅立ちの朝には心のまま さすらうまま新しい街 新しい夢心
あいつはいい女だ 身体もSEXYで俺達はあいつを誘ってドライヴにピッカピッカのアメ車でOh! Shitすぐにフラれた ショックで立ち直れないあとで仲間と酒でもかっくらって星を相手に飲み明かしたよあいつはいい女だ 身体もSEXYで俺達それなのに 他の女にも『今夜は空いてるかい?』Oh! Shitその瞬間に あいつが通り過ぎてくあとで仲間と酒でもかっくらって星を相手に飲み明かしたよ真夜中あいつを見かけ
ひとりきりで眠れなくてさみしいとき屋根の上で星屑と話をしよう空はいつも 君の気持ち見つめているこぼしたい涙をいまどこにしまうの?心 閉ざさないで夜を信じて夢はそんなに遠くはないさそうさ 泣いたっていいんだよほんとはひとりじゃないよこの夜空 同じように誰かが見てるそうさ 泣いたっていいんだよ想い出をそっと抱いてなによりも 輝いてる微笑みを僕にあずけてそうさ 泣いたっていいんだよ心 優しくなるまでこの
ため息で君はずっと 涙乾かしてきたの僕は胸の中に いつでも風を抱えてたふたりは今 出逢った君の淋しさと 僕の切なさが恋するのさ 夢が広がるねHeartは地球儀時の指先が 悪戯に転がすけど涙の海越え 迷いの森抜け真実の愛を見つけよう思い出はまだいらない 生まれたてのふたりだよ数えきれない程 知らないことがある筈さときめきから始まる君を抱きしめた 僕の手のひらが未来へ飛ぶ 翼になるのさHeartは地球
(IF) YOU WANT IT, DONT RUN AWAY(IF) YOU WANT IT, DONT LOSE YOUR WAY(IF)
星が海に落ちるまでしばらく君のそばにいるよ強い風が堤防に吹くとためらわずに肩を抱けるさ生まれてから さがした夢はずっと近くにある そんな気がする胸の奥がせつなくなるよそれに君も気付いているよ世界中に響きわたるよときめきをオールに込めて君のひざで波がはじけた光る海に舟を浮かべよう深い夜が明けないうちにきみのことを全部知りたい高い波にさからいながらきしむ舟は沖をさすらう君に君に出会えるために(つぶれそ
この歌を聴けば 君の涙は宝石になる吐息は虹に変わるよ僕らの伝説さ三日月のオール波立てて君をね 必ず連れてくよどこにあるのかも もうみんな忘れてしまった愛の国Sail on 君の心を Sail on 縛ったSail on 孤独の呪文 ほどいてあげるよお聴きこの歌を聴けば 君の涙は宝石になる吐息は虹に変わるよ僕らの伝説さ前髪は星の波に濡れ心細い日もあるけれど若すぎるからと言わせない君を抱きしめる 永遠
見下ろすマリーナ ちょっとにらんで君が滑らす Wrist Watch翼をたたんだヨットの森に空がかくれてく午後たとえば今日は 誰と逢う言い訳してきたの?遅くなったら 困らせるね…Lie, Lie, Lie, Girl 可愛い嘘つきPlease 僕のためだから誰も責めないで…Lie, Lie, Lie, Girl せつないジレンマSo 理屈じゃないんだ… 一秒でも夢をひきとめる真面目な罪さしょーがな
さがしたんだよ 間違えた場所で逢えない時計が 街中を逆回り想いだしてた ずっと前のことちょっと前のこと 君をいっぱいThanks Thanks Givin For You いつも いつもうまく言えなかったけど この気持ちThanks Thanks Givin For You どんな瞬間も君がいるから 僕がいる約束を信じても 心細い背中ふりむいた腕の中 笑顔が咲いたありったけのロマンス ならべた
あきらめられないキライになれない冷たくされても 関係ないよいつまであいつとつき合うつもりさ傷つく君を 見たくはないから好きだから(好きだから)抱きしめたい愛しくて(愛しくて)触れもしないSha La La 真夜中じゅう さ迷ってはたどり着く 朝焼けの海へさよならの情熱を君にあげるから僕の手を 握りしめてエナジー 受取りなよ僕の空 いつだって君は飛んでいい折れた翼 大切にいやしてあげるよ Kiss me
眠れないこんな夜は 星を見つめていたいいろんなことがあって 小さく見えない星でもかげりゆく街の中 行くあてのない想いこんな時にも風の歌は 低く流れていたコンクリートの隅にはえた雑草だってしっかりと息をひそめ生きてる遠い夜明けを待っている僕たちも弱い存在 すぐ落ち込むけど人は誰も生まれたわけがあるはずさ愛する人を見つける力があふれるから子供のときに聞いていた風の歌声に耳をすましてごらんよ風はどこにい
どしゃ降りの雨が寝静まる街の中を川のように流れ出す駅に続く道歩くずぶ濡れの僕の背中に稲妻が激しく光る暗い部屋で眠る君にさよならは言わないわがままなひとりの旅立ちだから叫ぶ情熱は止められないさ灰になるまで 熱く心燃やしたいたったひとつしかない栄光求めて風に向かって 僕は走り続けるだけさ遠くに霞んで見えるあの橋を渡る頃は青空が広がるはずさ通り過ぎる人の波にうずもれたくはない悲しみもいつかは勇気に変わる
Woo-Ah-Woo-Ah 地球を転がす人は誰?季節の時計を 巻くのは誰?Woo-Ah-Woo-Ah 呼吸をそろえたならまつ毛の先から 何が見えた?言葉で伝え合うだけじゃなく心で感じたいよ生命を愛し合えたらいいねいつか みんながきっと僕の中で一番やさしい 夢を君の瞳にあげようテーブルのイチゴジャムほどの甘さを乗せて君の中で一番かなしい 歌を今日は聞かせて欲しいな涙から生まれた景色の 隣を歩くよWoo
銀の風をつれて 草原の町へ行こう草のしずく 濡れたスニーカー枝に干そうもしもどこかで 道に迷っても安心していいよ君の肩で 小鳥たちが森の道を 告げて歌う君をね 悲しませるなんてできないのさ だれにも夢の針と糸とで編んだポケットの中愛を集めよう白い花のクロス 敷きつめて食事しよう小鳥たちみたいに木の実をね わけあおうよだけど みずうみボートを浮かべて淋しそうだったら僕が君を そうとびきり笑わせてね 
こんなに綺麗な瞳を 涙で汚すなんてひどいヤツだよね ホントに震える肩 抱きしめたいほどさ鳴らない口笛吹いてみせながら君は無理してはしゃぐけど…つらいのに“上手にふられてあげたんだ”なんて強がりの向こう 寂しさが見え隠れするMy Love いつもの仲間を集めようMy Love みんな君のこと心配なのさ僕も迷路の途中 心揺らしながら走っているよMy Love 風に打たれても見つめてたいDream赤いシ
なぜドキドキするの? なぜせつなくなるの?素敵なこと起こりそうな予感君の中の君は もう知っているのさ宇宙のように海のように無限スペースシップ 心の中サブマリン 体の中ミクロになり旅をするよ いいね目をみはり 恐れずに 謎を解きあかせ目指せ Heart Beat (Hi) 熱い血が急げ Heart Beat (Hi) 駆けめぐる未知の世界進め探せ Heart Beat (Beat) センサーで照らせ
夏の終わりの夕暮れは どこか淋しい特別な 今日だけは 君と過ごしたい波が打ち寄せる 君は黙り込む一つ大人になる 淋しさ 僕も分かるけど汐風 揺れてる 夏服の衿 陽に焼けた肩どこか違う 横顔 僕はこのまま 黙って見ていたい変って行くのは 君だけじゃないよ二人 巡り会う 季節の中の一ページ貝がら 集めて 夢の鎖でつなぎ合わせて心 込めて送るよ 一つの大人の 君が生まれた日に汐風 揺れてる 優しい髪に 
急げもう待てないさ時が流れるよりももっと速い心のスピードで胸が捜してるのは嘘で飾らない夢蒼い羅針盤がしめす彼方退屈な毎日をなげくその前にホントの君を話してくれよ輝けない奴など決していないさ走れパイレーツさあ高いマストに帆をあげて君の素顔をもっと知りたい踊れパイレーツさあ青春の嵐の中で手をつなぎ合い7つの海をゆけSail on nowそうさ待ってるだけじゃ何もつかめないまますぐに大人に変わってしまう
真昼のスコール (突然)海辺の町 (降り出す)熱い砂の 日照りさます雨さブイの向こう (波間の)泳ぐ賭けも (はるかに)今日は中止だね君はどうして 来ないの綺麗な瞳 ファニーガールあの笑顔に 会いたい焼けた腕を比べはしゃぐ夢を見てたため息デイドリームらしくもないけど雨を聞いていたい午後さ友だちから離れてハートはメトロノーム好きだと刻むよD・E・A・R 君へ沖をすべる (小さく)ヨットの帆は (けむ
そんなに 泣いたりしちゃいけない君の肩を抱いてなぐさめられない 夜にはどちらが傷ついたなんてこと…恋することが 宝石なんだよ きっと何度も 遠まわりした君の家が近づく想い出が 君のことを苦しめはしないように Babyおやすみ Good nightもう最後の Good nightさあ 僕が守ってあげるよ今夜の夢を背中の翼が見えなくなる不安な夜は ずっと 続くように見えるよねだけども いつか 空で出逢
You should be coming to me, right now.Get away from the black chapel.夢じゃないのさ 今夜揺れる 燃える シルエットTogether!ぬけ出した Wedding party 君と今頃はパニックガラスの箱に乗った君フランス人形さ霧雨が降り出す街心に煙るよPENTHOUSE
ふいに腕を引き寄せいきなりKISSできたらって考えてた時いきなり おでこに KISS ME(SHOCKING DAY DREAM)同じコト 考えてたでしょクラクションにかき消されてくいたずらっぽい 君の声風にふくらむシャツ SEXY秋色MAGICなんて不思議さ秋色MAGICちょっと不良になったみたいNARITAI-NARENAI-NARITAKATTA甘い勇気 ありがとう言葉より 大事なもの誘われ
あどけない瞳(め)に ひとつぶの涙白いハンカチから さよならが見えるざわめく街に まぎれこむふたり甘い想い出だけ いまここに揺れるいつか買ってあげた ブリキの指輪そんなものでさえ 大切にしたなんてLOVE おまえが夕暮れに消えてくこわれそうだよ 熱い胸が…やさしくしたい ことばさえ なぜか乱暴な言いかた 傷つけてばかり破けたポケットに 両手を入れて抱きしめたいのに それができなかったよLOVE お
さあ 抜けだしておいでよひとり 見ている星屑の 窓からいま 君を迎えにきた胸に かかえた花束と クチヅケで今夜 天使の翼を捨てて楽園を 出よう新しい 夢を抱いて愛と言う名のバスに 飛び乗り WO~捜しに行くのさ二人の朝をほら 流星が流れた希望(ゆめ)が かなうよ君といま いるからもう 何も怖くないねふれた 指先ときめきが 重なるよ君が 涙に傷つく夜は道化師になろう微笑みを 守るために未来は いつも
Page 1 天を創りPage 2 空と風をPage 3 海を陸をPage 4 月と太陽Page 5 鳥や魚Page 6 動物たちPage 7