伊豆の夜雨を 耳にして胸に抱かれる 旅枕 別れられない この指先に熱い唇 あてられて姿 崩れる 天城の宿よ…人に隠れる この罪を続けながらの 旅枕 なんでひとりに なれるでしょうか俺と死のうと いわれたらいやといえない 天城の宿よ…おんな一途の