汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる季節はずれの雪が降ってる「東京で見る雪はこれが最後ね」とさみしそうに君がつぶやくなごり雪も降る時を知りふざけすぎた季節の後で今春が来て君はきれいになった去年よりずっときれいになった動き始めた汽車の窓に顔をつけて君は何か言おうとしている君の口びるが「さようなら」と動くことがこわくて下を向いてた時がゆけば幼い君も大人になると気づかないまま今春が来て君はきれいになっ