あけてちょうだい たたくのはあたしあっちの戸 こっちの戸 あたしはたたくのこわがらないで 見えないあたしをだれにも見えない死んだ女の子をあたしは死んだの あのヒロシマであのヒロシマで 夏の朝にあのときも七つ いまでも七つ死んだ子はけっして大きくならないの炎がのんだの あたしの髪の毛をあたしの両手を あたしのひとみをあたしのからだはひとつかみの灰冷たい風にさらわれていった灰あなたにお願い だけどあた