いたずら好きで泣き虫な少年は今 人生の節目に立った好奇心旺盛な冒険家 旅を重ね多くを学んだ数えきれぬほどの出会いと別れを繰り返して来たその中ではっきりと見えた自分の夢 ちゃっかり隣に綺麗な嫁結婚するって聞いた夜 俺の部屋の引き出しの奥毎月届いたお前からの手紙読んで涙あふれたまるで弟のようにかわいがって来たお前が愛する人と結ばれる喜びを音にのせ歌おう大海原に向けて長い旅にでる二人を大きく手を振って見
始めていこうかWickedな Show Case弾け飛んだRiddimに乗ってハラハラさながらガラガラヘビがお尻振りながら踊るジャングルなにが起こるか分かりゃしねえつまらねえ型にハマらねえで感じるまま裸足のまんま踊ったれって心配ない問題ないシャイガイでも音好きなら皆兄弟地元も仕事も違くともハイタッチで即LINK UP地味に日々ジリジリピリピリ溜まりまくったストレスもFIRE 『Booooom!!!
ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン我、侍のソーラン節は凛と構える男の歌よヤサエンヤーサーのドッコイショドッコイショ ドッコイショ (ドッコイショ ドッコイショ)ソーラン ソーラン (ソーラン ソーラン)ドッコイショ ドッコイショ (ドッコイショ ドッコイショ)ソーラン ソーラン (ソーラン ソーラン)ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン ソーラン法被、袴にふんど
この道に近道はない選んだ道に悔いは無いもっと遠くまで届けたいSAMURAI Singing TimeFly Away 歌声を風に乗せてあの大空へでかく描いた少年の夢は 更に膨らみFly Away どこまでも もっと遠くの方へ星になった魂を背負って 歌い続けるんだランドセルを背負ってたあの頃から 歌うことが大好きだった音楽の時間たて笛片手にラバダブしてたんだ「あいつはやるぞ」とリスペクトしてたじいち
One Life 愛かさなり合いつなぐ未来手を取り合い人は助け合いめぐりあいの中で泣き笑いをくりかえしながら Step By Stepかけがえない仲間との出会い決して一人では生きていけない奪いあえばなにも残らないから大きな愛分け合う One Lifeやわらかな朝日に包まれながら見慣れたこの街を歩いてみる耳を澄ませば鳥たちの会話さえも風に乗って聴こえてきそうで優しい心で 向き合ってつなぐ手と手そこか
Music Revolution 東西南北揺るがす日本列島体中に流れる熱い血を踊らせろよもっとドンと構えて前に前に さらにスピード増して倍の倍になって起こすぜ Revolution時は平成 不況な日本 どうなっちまうか分からん状況御託並べて不祥事ばっかの 政治で各地起こる暴動正義の味方の警察官まで おかしな動きとなりゃ上等関係ねえよなんて指をくわえて 見てるわけにはいかねえぞ何百年も前の日本から 
Oh Everybody shake it shake it dancinYo People!! Are you Ready?Oh Everybody shake it
Hey yo お集りの皆様 調子はどうなんですか!毎度お騒がせしております 私侍と申します神奈川相模の南の方から 九州沖縄北海道Try & Go! HIGH から LOW 軽やかに Let it go!音が鳴り出しゃ体が勝手にBEATに乗っかりMovinお好きなようにSTEP踏んでくれFREEDOMにDancinいらねえよしがらみも争いも 大きな輪になって楽しもうこの自由な島の中じゃ もう誰も
えつこさんあなたのふくれたお腹から元気に産声をあげた4500gのジャイアントベイビーも大人になりました雨の日も雪が降る中も俺が産まれてくるその日まで昼休みになると歌を歌いながら散歩してくれた今更だけどちゃんと胸を張って伝えたい言葉があんだ俺に愛をくれた人いつのまに大きくなりましたたくさんの愛をもらいましたガキの頃の記憶を辿ればあなたはいつでも笑ってました真夜中人知れず泣いていたことはずいぶん後から
何も聞こえない 何も聞かせてくれない僕の身体が昔より 大人になったからなのかベッドに置いていた初めて買った黒いラジオいくつものメロディがいくつもの時代を作った思春期に少年から 大人に変わる道を探していた 汚れもないままに飾られた行きばのない 押し寄せる人波に本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadioいつも聞こえてた いつも聞かせてくれてた窓越しに空をみたら かすかな勇気が生まれたラジオは知っていた 
Good morning いつものように 絶好調な朝が来たカーテンを開ければ Feel soul nice 太陽が俺を照らす冷たい水で顔洗って トーストをかじり外飛び出した向かいの家の柴犬が 元気よく挨拶してくれたいつも通りの電車に乗って 見慣れた街が流れて行ってとくに考えるまでも無く いつものデスクに座る別につまらないわけじゃなくて でも何かが物足りなくて窓の外ボーっと眺めてたら カラスがこっち