飲ませてください もう少し今夜は帰らない 帰りたくない誰が待つと言うの あの部屋でそうよ誰もいないわ 今では唄わないで下さい その歌は別れたあの人を 想い出すから飲めばやけに 涙もろくなるこんなあたし 許して下さい外は冬の雨 まだやまぬこの胸を濡らすように傘がないわけじゃ ないけれど帰りたくないもっと酔うほどに飲んであの人を忘れたいから…私を捨てた あの人を今更くやんでも 仕方ないけど未練ごころ消