忘れもの届けたい動かない金時計いつも不思議な時間をたびして知らない人になるの見つめていたいの飛び立つ背中をいつかあとから駆けてく虹色ラインをたどっていけたらそこにあなたがいる星空の青い地図照らしてるペンライト夢はまぼろしじゃなくて確かにこの手でつかむものね見つめていたいの本当のあなたをすぐに答えはいらない宇宙のふりこのブランコがゆれるめぐりあうためにね見つめていたいのあなたの隣でなぞはときめく憧れ