昔恋しい 銀座の柳仇な年増を 誰が知ろジャズで踊って リキュルで更けて明けりゃダンサーの 涙雨恋の丸ビル あの窓あたり泣いて文書く 人もあるラッシュアワーに 拾った薔薇をせめてあの娘の 思い出にひろい東京 恋ゆえ狭い粋な浅草 忍び逢いあなた地下鉄 わたしはバスよ恋のストップ ままならぬシネマ見ましょか お茶のみましょかいっそ小田急で
紅屋で娘の云う事にゃサノ 云う事にゃ春のお月様薄曇りトサイサイ 薄曇りお顔に薄紅つけたとさサノ つけたとさ私も薄紅つけよかなトサイサイ つけよかな今宵もお月様空の上サノ 空の上一はけさらりと 染めたとさトサイサイ 染めたとさ私も一はけ染めるからサノ 染めるからたもとの薄紅下さいなトサイサイ 下さいな
いのち短し 恋せよ 少女朱き唇褪せぬ間に熱き血潮の冷えぬ間に明日の月日のないものをいのち短し 恋せよ 少女いざ手を取りて彼の舟にいざ燃ゆる頬を君が頬にここは誰も来ぬものをいのち短し 恋せよ 少女黒髪の色褪せぬ間に心のほのお消えぬ間に今日はふたたび来ぬものを
磯の鵜(う)の鳥ゃ 日暮れにゃ帰る波浮の港にゃ 夕やけ小やけ明日の日和は ヤレホンニサ なぎるやら船もせかれりゃ 出船の仕度島の娘たちゃ 御神火(ごじんか)ぐらしなじょな心で ヤレホンニサ いるのやら島で暮らすにゃ とぼしゅうてならぬ伊豆の伊東とは 郵便だより下田港とは ヤレホンニサ 風だより風は汐風 御神火おろし島の娘たちゃ 出船のときにゃ船のとも綱 ヤレホンニサ 泣いて解く磯の鵜の鳥ゃ 沖から
ひと目見たとき 好きになったのよ何が何だか わからないのよ日暮れになると 涙が出るのよ知らず知らずに 泣けてくるのよねえねえ 愛して頂戴ねねえねえ 愛して頂戴ね逢った時には 何にも云えずようしろ姿に たゝ泣くのよ女心は深山(みやま)の さくらよ人に知られず 赤く咲くのよねえねえ 愛して頂戴ねねえねえ 愛して頂戴ねひと目見たとき 好きになったのよ何が何だか わからないのよ日暮れになると 涙が出るのよ