「幼い頃夢見た、お姫様にはなれない。」誰もが通り過ぎる 現実と夢の狭間でWhat do you really want? 必死にもがいてたった1つ 誇れる何かを 探していくんだ零れ落ちた その涙が煌めく星になるかどうか“運命”なんかで そう片づけられてたまるかってここでどんな物語が紡がれていくかは今日と明日の 自分次第さ「この目に映るもの全て、正解とは限らない。」何かを守るために 手放した物もある
アスファルトに帯びた熱が照り返すハンドルと夢を握る手に力込めた跳ねるビート 仕掛けるか 追われるのかトラップを上手く躱して そう、このカーブで射貫けLucky☆Racer 止まらない加速してよ フルターボでPerfect Winner プライドも勝負の果て 守り抜くラストの直線 祈り込めたら大空抱く未来(あす)へ続く 煌めき目指せスピードを捉え始めた快感に潜んだ焦りが心ごと蝕んでいくコースに宿る 
トップつかもうよいつでも上を見たいよね? ゴールを目指してたいよ明日も Lucky Racer☆光る汗を拭いたなら 乾杯しよう朝まで!喜びの笑顔 キミと交わす胸をなでおろした後に悔しくて泣いたあの夜も今は繋がってると思えた 上昇気流↑レースの後に見えてくる 心の虹まであと少しで届きそうで 辿り着きたいほんのちょっとでも歩みを止めたくないよね? 後ろを向きたくないよ高め合う仲間がいて 感謝してるから
剥がれ落ちた夢 澱む幻もうこの世界を見放した者さえ包み込む言葉 刹那に消えゆく共に囚われの明日を取り戻そう何もかも失くしても 最期の審議の日まで ずっと花のように強く咲き誇れ絶望のオト 拾い集めて永久に奏でる ストレインに変える僅かなヒカリ すがりついても 留まるから届けたい 残らず忘れられた声 浅い微睡みどう伝えたなら解り合ってゆくのか列を成す言葉 鼓動に塗れるとうに嗄れ果てた喉をまだ振り絞る君
世界の色が変わる気がした穏やかに口を吐く言葉私に出来ることといえば乾いた笑顔だけ…例えば昨日に戻れたなら嘘でも涙も受け入れられたのに溢れる 感傷かまわないで 気紛れに 浮つく心返してもう二度とないのなら そう言ってどれだけ想い込めても 君にはもう届かないの?縋る声を 鼓動を 聞かせたい凍るような胸の中身と対照的に熱い両手君の前で崩れ堕ちたら手を貸してくれたの…?閉じた瞳から流れるのは今でも変わらず
(We are proud of the true youth storiesWe will never forget those glorious days)果てしなく遠い空へ 限りある青い春をSHOOT!重ね合う時間(とき)が 何より大切で交わした言葉は どれだけあるだろうglide
黄昏色にとけるgalaxy 伸ばした手の先はfantasyまだまだ届くのにhide & seekgo way, no way, your way, only way風向きはいつだって同志 寝ぼけた境目を壊しそれぞれのステージでhide & seekgo way, no
物語が今始まる…何処へ流れて辿り着くのか 誰を求めて生きるのか此処に在るのが運命(さだめ)ならいっそぎゅっと 抱きしめて彼方まで-You must be here now-孤独に向かう道を往くのか 誰の心に生きるのか虚構の渦に飛び込めばfake & sorrow 溢れ出す午前二時時の旅人よ 瞼閉じて星屑を超えるスピードでDive into the stars物語の始まりまでもがき 足掻き 続けてい
焼き付けられるような痛みは 夜の帳(とばり)の中で星屑に紛れて流れた “昨日までと同じ”足りないものも 足りないままで埋まらない despairing 光求め鍵を探すTRANCE IN THE HORIZON砕け散って エデンの果てに迷い込んだ遠く 近く 時を揺らぐ旅人羽根を折って 天(そら)を仰いだ生まれたままの心で もう一度また君と出逢えるまで見失ったはずの答えは 朝の陽射しの中に一筋の光を導
絡まる運命のclimbing rose夜の華に舞う謎めく迷宮のvalkyrieこの世界の嘆きの輪を終わらせて fly away星の欠片に伝染していく陽炎黄昏に照らされるのは途切れない衝動 惑わす無常声を嗄らして叫び続ける果てには何度でも奮い立つ度ほつれ出す感情 モラルな事情“絶望も希望”抱きしめたら溢れる涙動き出す世界を撃ち砕け刹那の闇に飲み込まれる前に今もっと光る明日へ走り出す繋いだ手を離さない
-TIME HAS COME-Clap your handsThe black-out curtain is preparedRide on this soundWell be there“Naked
Where are you calling me?Ive been calling you foreverNever trust me, the secret lies涙の雨に濡れて戻れないならCry
笑ってるの?泣いてるの?どっちだっていいfakeryで信用ならないデータは要らない恋をしてる瞬間に輝くっていうのなら年中無休で猫になるわ街の色が香る瞬間に甘い誘い時が 止まる 過去に 変わる 明日も呼び覚まして忘れない 淡いコバルトの夜の欠片集めたら 楽園に手が届いたこと星屑を集めて 目と目で会話したら憂鬱な果実が 君色に揺らめくよ誘ってるの?待ってるの?持ってなくていい好奇心は尋常じゃないくらい
優しく抱きしめ柔らかな夢の中へ連れて行けるのならもう何もかも失わずに居られるきっと最期の日が来るまでずっと忘れずにいるよ繰り返す光と闇が蘇る絆を導く声に時を越え廻(めぐ)り続ける愛しき日々の想い出が溢れていく遺された面影が今新しい時代を担うため歩き始めたほらごらん 夜明けの空を煌めく光に包まれて夢の中で生まれ変われるならこの涙さえ懐かしく思えるそっと祈り捧ぐ未来にもっと正直に生きて飛び立てる二つの
光在れば陰ほど 移ろう幻現の世の理(ことわり)は 斯くも儚しはらり ひらり舞い散る 悪夢(ゆめ)に溺れた蝶にそっと手を伸ばしても 消え往くだけ灯火の調べ[甘く] 花のよに奏で[遠く]雅ぶれば月還らぬ温もり[優しく] 抱きしめて[宵の明りめがけ]高く舞い上がれ 継ぎ人の紋に懸けて守りたい 心を 記憶の底の果てまでも舞い踊れ 咲き誇り 呼び合ったこの光は重ねて また輝かす 紅蓮にたゆたう 契りの華ふわ
例えば僕らの描くその夢が遥か遠くに感じても願いは果てなく強さを誘う高鳴る鼓動信じたら二度と戻らない時の中で掴む光がやがてエメラルドに輝きだすからさぁ!That is my ambitionwhatever happens on the way見えない力がここに在るWhat is the ambitionthat you want to
波音にただ身を任せて 閉じた瞳には生まれ変わったこの世界が 確かに映ってる消えないあやまち 失くした過去も愛した記憶の欠片も再び輝き 光に包まれ時を宿し始める信じ続けて 探し続けて待ち焦がれた答えが君だったよ還るべき場所 君のいる未来木洩れ日の中で描き出す希望に満ちた世界を廻り始めた星の地図に 記されるhistory汚さぬように壊れぬように そっとしまっててほどけて繋いで またほどけても何度も結び
絶望と歓喜は一重 人生は果敢なくて燻っていられない だから歩きだそう行けど果てないこの道を何を欲して進んでいく水を求め彷徨う様に 欲の無い希望に未来は無い物語のアルゴリズム 辿る巡礼者たち胸に宿るその信念が デスマーチを生き残る術イマジネーションのFLOW!純粋なままじゃいらんない 叶えたいんだったらブレない運命を描き出そうただ待っていたってツマンナイ そう感じていたんじゃない?夢は自分で奪い掴む
絡ませた指がほどけ出したのは君に贈ったネクタイの出番がないと気づいた時何重にも絡まった 細く細く長い糸たぐりよせて 寄り添い合う未来は本当にもう来ないの?嫌いってもう言われてもしょうがないのあんなに重ねた時間(とき)も戻せずに泣いたってもう遅いのもわかってるのいつかの二人には戻れなくても 隣に居たかった気が付けば季節は変わり続けて変われないままのつよがりがやけに深く痛んだ何億もの流星(ほし)の中 
この坂を上り切ったら必ず見える景色が好きだって背中に羽を持つあの子も言って笑ってたドキドキが一瞬でトキメキになっていくんだなんてあの頃は信じられなくてただ見惚れていたよこのスピードに乗せた体温が今全身で伝う 通じ合う物語の鍵はこの手にぎゅっと強く握っているから感じて 応えて 風になる空に溶けて海を抱きしめる新しい世界が見えるはずさぁ確かめに行ってみよう恋したり夢見たり一日だって同じ日はないからいつ
こんな日が来るはずないってあの頃は思い込んでたんだ何て言うか 空走距離だったそんな濁った目をしたって追っかけてくる現実との賭けには勝てやしなくて半径かけて二乗してループしてためらわず数式をなぞる流れに任せて泳ぐピエロ欲しいものも言えずに明日になって預けた次の扉の奥は色褪せない捨てきれない記憶を全部持ち出してでたらめに歌えば 開くかなオレンジ色に染まってったあの時言えなかった言葉今日はなんか言える気
風 斬り裂いて 声 響かせて止まらない スピードにこの手 ほどけないように誰にもゆずれない想い握りしめたらもう前だけ見て 恐れず進めHigh-Flying Future!!閉ざされた 明日の扉きっと 抉じ開けてみせる rusty days壊れそうな胸の痛みは交わした想いに奮えてるから逃げ出したい時もあった 強くなりたい一人じゃ立ち向かえない相手も仲間がいれば 何も怖くない心重ねて 今…!風 斬り裂
指折り数えた今日の地図瞬きひとつも惜しむほど高鳴る鼓動とさわぐ心はじまりの扉が開かれた曇った瞳 置き去りにしないで深呼吸 変化球存在理由なら造ればいい言葉にならない声も抱きしめたい生きてるってカラダ全部で叫んでる地球の裏側で交わした笑顔たちが瞳(め)を閉じてもまだ 輝いてるからTo be myself 描いた空に映る色は何度も重ねていいんだって知ったならもっと強く 自由に 奏でられるさ世界で 君だ
恋の病って 柄にもなくって 遺伝子の気まぐれキミが居る側の頬が熱くて 熱でもあるの?なんて突然目と目が近づいて 声が上ずる昼下がり静まれ!胸の鼓動 どうしたらいいの心の奥に押し込めて隠してもJust missing youBut I need more time隠し切れないSAYONARA Last Melancholic Night近づきたい 今日よりも明日はこの距離を1ミリでも飛び越えて「ここ
君は何を見つめてる 誰を想っているんだろう問いかける術も無い日々 優しさの雨が降る触れた感傷の輪郭 涙で滲む愛しさそばにいられるこの距離が 嬉しくて 切なくて...面影(きおく)から続く 微笑みを守りたい新しい始まりを 今ここから描いてこう鮮やかに胸を焦がしてく 青空に羽ばたく願いその先へ行こう もう迷わないでどんな時も幸せでいて 君に巡り逢えたキセキ届かぬ未来 照らしてゆく眠れない夜は “君”と
どうでもいいような時間がときめく予感に変わる魔法がある1LDKから飛び出して土星のリングをひとすべり時空の限界は不可思議明日の幻想はきっと摩訶不思議頭の中身を取り出して呪文を高らかに Triple Tripper!!!YEAH!! 力抜いて揺らめいて宇宙(そら)は上も下もなくいつも ここに在ることすぐにわかるはずさトキメキトラップドリーマー次の星は どこにしようかカラフルトランクトラベラー胸が躍る
帰りの時間には 日が暮れる様になってそんな季節になったんだそんな月日が経ったんだ何にも変わらない 坂道と路面電車繋いだ手の感覚 それ以外覚えてる?いつかこうやって並んで歩いた時から 知らずに恋してたんだあぁ夏の終わりに伝えそびれた幾つもの言葉や想いはねえ不思議なもので キスのひとつに敵わない魔法にかかったようにどうかずっと二人でいられたらいいなぎこちないなりにも 正直でいようとして下手な感情表現で
Yes! DRAWING the FUTUREWhat will be, will be “TONIGHT”Change your soul for the ENDLESS
二度と迷わない そう決めたからやわらかな日に さよなら告げた変わらないまま いられないのはきっと僕らが大人に なっていたからかな心一つ 放り出してどこまでも続く 空に叫んだそうやって 歩き続けるんだ君はただ そのまま その笑顔で 笑ってそうどうしたって それぞれの道でこれから始める 始まってく Nowever and after懐かしい香り 見上げた雲はいつも止まったままじゃ 居られなくする遠ざか
Wanna be the Biggest Dreamer全速力で未来も現在も駆け抜けろそう僕は気づいたんだ ずっと宿題忘れてたそれはひとつの???「僕は誰なんだろう?」スライディングしてすりむけたヒザ痛くたってねすぐ立ち上がらなきゃ チャンスは逃げてゆく 分かってるさBig and Bigger, Biggest Dreamer!夢見るコトがすべてはじまりそれが答えだろ誰より遠くへ飛んで見せるよ