僕は生きてる理由を探すより先に限りないこの空に羽ばたいてる僕を願っていた誰もが僕をおかしなやつだと笑っている望まない君達にこの空は広すぎるだろ?価値を見出して 翼を広げた姿に 全てを投げ捨てても行かなくちゃ 行かなくちゃ僕は 大空へリヴィングストン 僕は辿り着く羽ばたいて見た夢の中へ諦めるなら 逃げ出すのなら 最初から指くわえて見てろよ誰もが自分の本当の姿を知らぬまま退屈と劣等感に殺されていくんだ
優しさに溢れてた声を今も心が覚えてるどんなに時が経っても離れないあなたの笑顔がたしかに人間は最期は一人だけど何もこんなに早く一人になることもなかったろう過去を犠牲にしてまでもあなたがいない どこを探しても信じられないよ いつまで隠れているの?あなたは消えた この世界から早すぎだよどうして?さよならも言えなかったよあの出来事はきっと神様のレシピに描かれていて誰にも変えられなかった 運命って言葉で片付