戦場では日々多ぜいの若い兵士たちが亡くなっているというのにラジオは同じ言葉を繰りかえす“西部戦線異状なし”戦さに行く 前の夜子どものように 泣きじゃくり私の名前を あなたはつぶやく愛しい リリー・マルレーン愛しい リリー・マルレーン窓の下を 兵隊の長い列が 町を出る私を見あげて あなたは叫んだ愛しい リリー・マルレーン愛しい リリー・マルレーン夜空の下 鉄砲をかかえたまま 眠る時汚れた私の 写真を