草かき分け歩き続けたこの道が全てだったから本当の自分をさらけ出すのは怖かっただけどあの日あなたと出会い笑顔に触れ心は溶けてこんなに自分が優しくなれるとは思わなかったあったかい夢の前で何も言えはしないけどあいくるしい人に会えたから永遠を確かめるように背中を見つめてみた急になんか正解の風に流されたような私の願いなんて単純なものだよいつも通りに…去りとて月日が未来の道しるべと信じてからは思い出だけでも幸