季節が移ろい 空が流れてくあの日のフィルムを抱きしめて触れる胸のうち記憶が響いて 優しく俺を包んだファインダーを覗けばいつも甦る姿お前の笑う顔がずっと背中を支えるよ追い続けたお前の夢いつか俺の夢へと歩き出す 本音に答えて愛している仲間たちとただ真っ直ぐに目指すから夢に続くアルバムへと輝き溢れた未来を載せよう相棒を連れて 駆け出す街並みグリップに高鳴りを握るよありふれた景色風は気持ち良く 迷いを洗い