embrace — 今井絵理子

晴れ渡る空に鳴り響く鐘の音
その音色とこの記念日を
きっと忘れることはないよ

息を切らしてさ走りつづけてた
君と出会うため あなたに会うため
いつのまにか同じ道を辿っていた

「いつか母さんを越える優しいお母さんに
いつか父さんを越える強いお父さんに
いつか生まれてくる私たちの子どもには
二人のいいところだけを与えたいよ」と
そうやって話す二人の笑う顔に
幸せの皺がたくさん刻まれるように

苦手な料理も苦手な早起きも
君のためならあなたのためなら
何でもできるような気がして…

守りたいものさえ愛の意味さえも
わからなかった 傷つけ合った
途方に暮れる夜を二人で分かち合った

「いつか寂しさを越えるあたたかい家族に
いつか悲しみを越える愛おしい家族に
いつか訪れてくる私たちの傷跡に
一番効く処方箋は抱き合うことだよ」と
そうやって話す二人の笑う顔の
そばには二人に似ている子が笑っているように

「いつか母さんを越える優しいお母さんに
いつか父さんを越える強いお父さんに
いつか生まれてくる私たちの子どもには
二人のいいところだけを与えたいよ」と
そうやって話す二人の笑う顔に
幸せの皺がたくさん刻まれるように