おやすみなさい — 井上喜久子

あっ いま小さく あくびをした あなたの肩に
眠りの国の天使が 降りてきたよ

白いスカーフ シュルリとはずし まぶたの上に
乗せて なにやら呪文を となえているよ

大丈夫あの天使が 魔法をかけてくれた時は
眠りの国のおきてで 素敵な夢が見られるのよ

遊びつかれて ママのひざの上で眠った
子供の頃に戻って 夢見たいけど

枕にほほを うずめたまま 眠れない夜
時計の針の音まで 苦しくなるね

大丈夫あの天使が あなたを探しにきてくれる
誰も知らない涙は 輝く目印になるから

あっ いま小さな あくびをした…