なぜ 悲しみは忘れかかって また思うのか?そう 傷口の治り具合 確かめるように…あの夏服はクリーニングに ずっと出したままだって 洗っても偽りが染み込んでいるでしょうあんなに強く抱かれることも激しくその腕振りほどくこともない人生でたったひとつ 後悔を誰かに聞かれてもこの恋に落ちたことは話さない一線を越えてしまった愚かさは涙じゃ拭えない世界で一番醜い私ずっと 自己嫌悪最低だったあの日の私もう LINE
「その女(ひと)は、まるで夏の夕立のように、突然、喋り始めました」久しぶりに会ったのにしばらく黙っていたから何かあったのかななんて 僕は心配していたんだ「飼ってるネコが二、三日 家からいなくなったとか嫌いだったカリフラワーが 食べられるようになったとか檸檬って漢字書ける人と 絶対仲良くなれないし…そんなどうでもいい話を 僕は頷くだけでした」私は水でいいわと コップの水お代わりしながらなぜそんな面白
カモーン カモーン カモーン こっちおいでカモーン カモーン カモーン 自惚れビーチWOW WOW WOW Hey!カモーン カモーン カモーン…最新の水着着て待っていたただいま募集中よ イカしたボーイフレンドカモーン カモーン カモーンどこかにいない?付き合ったら損させない Yeah!ハラハラして飽きさせない Yeah!ハグとかしちゃって キスもしちゃって期待値マックス 最高にハッピーカモーン 
抱きしめられるだけで なぜだろう ほっとするのは…あなたの腕って木漏れ日の下の日向のようね震えてる心の悲しみを打ち明けなくても脈打つ鼓動があやしてくれてる広い胸窓の向こうが暗くなって 近づく星空できることなら このソファーの上で眠りに堕ちて 夢を見させて…愛なんてまだわからない初めての感情だからでも確かに満たされてるこんな幸せな時間に教えてもらったこと誰よりそばにいたい少しでも離れてしまったら消え
電車の窓から見てた街はこんなに遠かったのか?ずっと憧れてたあの人はもうどこかへ引っ越したか?あの日 交わした約束は忘れられてしまったのか?独り言は誰も聞いてない雑誌で見た華やかなショウウインドウ覗いてた誰かの手の跡で汚れてしまったか?欲しかったものが欲しくなくなるのは諦めるより不幸だと思う夢と現実の両方を知って落胆に慣れながら逞(たくま)しく生きるのが人生だWOW WOW僕たちはいつから涙を流さな
サーチライト 照らされた工事の鉄骨都会の未来に何を夢見てた?屋上のクレーンは重たい愛を吊ってどこへと運ぼうとするのか?ここで見上げても暗闇だらけだその先だけが点滅してる女はいつだって一人じゃ眠れない(恋が邪魔をしているよ)どうする?感情が動いて眠れない(胸のどこかが叫んでる)寂しくなんか ないないない誰かといたいクラクション 響いてる夜更けの街角昨日の続きは何を諦めた?信じてた温もりは勝手な思い込
八月のレインボーブリッジここから眺めながら僕たちは恋をしたでも何から話せばいい?ただ隣に腰掛けてぎこちなく風に吹かれた一緒にいる その幸せがずっと続くと思ったやがて季節は過ぎるものと気づいていたのに…ひと夏の長さより思い出だけ多過ぎて君のことを忘れようとしても切り替えられない何度も着たTシャツは首の辺り 伸びているけど腕に強く抱いた君のことは忘れられない台風で中止になった花火大会なんてどうだってよ
みんなから私のことがもし 見えなくても心配をしないで私はみんなが見えてる誰かに聞かれた「あなたの人生はどこにあるの?」当たっていないスポットライトアンダー 人知れず汗を流す影があるステージを支えてるのに…アンダー いつの日か心を奪われるでしょう存在に気づいた時に…太陽の方向なんて気にしたことない今どこにいたってやるべきことって同じだ時々 思った「私の夢なんて叶うのかな」眩しすぎるわメインキャスト影
ステージは未知数のロケット何が起きるかわからない光もない音もない空大気圏から飛び出せ!客席を探査パフォーマンスはいかが?無重力みたい快感 感じて浮遊して…宇宙に神がいるんだ太陽に照らされた彼方見たことないような大きな愛が見えるでしょう?宇宙に神がいるんだ存在は証明された歌とかダンスとか新惑星 誕生か?どれくらい過ぎたのか時間あっと言う間の出来事かビッグバン起きたのは謎夢か現(うつつ)が始まる観客は
一番大事なものは何だろうって思った愛か夢か友達か目を閉じて考えたいろいろ浮かんで選べないよ見栄とか欲とか捨てなきゃいけないんだ未来に答えがある(最後に残るはず)あれもこれもいらなかった(たった一つだけ)本当の気持ちを自分の胸に聞く何を手にすれば幸せか未来に答えがある(時間はかかっても)回り道 何度もして…(行き着く結論)ようやく わかったよ答えを探すため生きるのが人生一生賭けて見つける欲しいものが
朝の靄(もや)に差し込んだ陽の光木々の中をひたすら走ってたどこを行けば空に辿り着くのか?風は何も語りはしない君がやりたいと 始めてみたことなのに空回りして すべて嫌になったのか?違う自分になろうとしてたんだろう密かな決心はどこへ捨てた?いつかできる(できるのなら)そのうちに(今日できるよ)ここで逃げ出さないで前を向いて大地立つんだいつかは(遠すぎるよ)眩(まぶ)しい(この場所から)先に延ばさずに踏
明け方近く 寝返り打ちながら何度も眠ろうとしてあきらめたああ 今 心の片隅に晴れない空があるああ そう何か充たされない焦りの雲ふかふかのベッドではもう夢なんか見られない環境が恵まれ過ぎてる何もない床の上疲れて横になりたいよ甘えてる自分に僕は辟易(へきえき)とした出て行こうここではダメなんだカーテン引いて 暗闇作っても瞼(まぶた)をちゃんと閉じなきゃ眠れないああ だいぶ前に本当は気づいていただろうあ
雨がどんなに降ったって傘を差すのは嫌なんだもしそれが運命なら 僕はずぶ濡れのまま歩いてやる本やカバンを翳(かざ)したり屋根を探して走らない僕が無様(ぶざま)に見えたとしてもハンカチなんか差し出すなよバカみたいだと笑えばいいさ痩せ我慢してどうする?何をそんなに意地を張るのか?大人なのに…自分のルール決めたんだ甘えて生きたくはないどんなに苦しい時だって愚直に守りたい何でもそうよかったんだ困難と向き合う
WOW WOW WOW…僕はふいに気づいた誰よりも愛していると…今すぐ伝えたくなって君の家まで走る電話(LINE)それじゃダメだ(NG)直接 行かなきゃ無意味だ君の瞳をじっと見つめ訴えかけたい真夜中 チャイムを鳴らしたなんて非常識な男だ怒った父親に殴られても痛みに燃えていた愚かな僕だけど本気を見せようこんな不器用な方法見せたかったのは情熱のすべてだ夜明けまで待ってしまったら僕の負けだろう何かが沸騰
いつの間にか 雨は止んでた空の青さに 気づかなかったよ淡い日差し オープンカフェでポニーテールの虜(とりこ)になったずっと友達でいるのか?もっと特別になるのか?聞かせておくれ夏だ君にスカイダイブ僕は飛んでみたんだ真っ逆さま 落ちて行くよまるでスカイダイブ風に吹かれるままどこへ行くのだろう誰もわからない旋回するヘリの音に君の言葉を待っていたから何か始まるのだろうか?そばを通り過ぎるだけか?答えが欲し
夏になるといつも想う甘酸っぱいあの頃どこからか吹いて来るんだ懐かしいそよ風誰も(誰も)知らない(知らない)エピソード時間(とき)は(時間(とき)は)過ぎて(過ぎて)色褪せた写真今もキュンとするよふいに君が扇(あお)いでくれたねクリアファイルや下敷きで授業中にさりげなくそっと…小さな告白にドキドキした二人の秘密今の僕は大人だからあやふやなその記憶照れ臭い甘い出来事半袖の制服なぜか(なぜか)そんな(そ
海沿いのボードウォークまで君が口を利かなくて困ってる新しいサンダルのせいか靴擦れ 歩きにくくて不機嫌モード近づく波が甘やかすここから 僕がおんぶしてあげるよ思い出ファーストこんなところで喧嘩しない思い出ファーストロマンティックな時間 過ごしたいんだ君と ここにいる奇跡思い出ファーストいつか 振り向き最高の夏だったと…砂浜のタコスのキッチンカー僕がさっき全力で買って来たタバスコをかけすぎたせいかちょ
犬が誰かの影に怯えて唸(うな)り声上げるような窓の外にある室外機が蒸し暑さの加害者君ってどうして汗をかかないんだろう?平気な顔して部屋の隅で夏を無視してる音を消した古いテレビジョンは何も伝えることがない僕だけどうしてこんな苛立つのか今も君のことを愛してても…このエアコンの設定温度君と僕はきっとすれ違っているんだ少し下げれば 涼しくなるとわかってはいても君が寒がってしまうそんな気遣いは無駄なことらし
夜明け近く 湾岸線を流れてる赤いテール動脈みたいどこか行くなら連れて行きなさい車 走る車 急ぐ私を置いてくつもり?車 走る車 逃げる助手席 窓を開けて今 何を捨てた?恋は跡を濁して去った綺麗事じゃないのね傷つき方が上手になって出会う前に戻っただけRewindあの日白む空が眩(まぶ)しすぎるよ渋滞が始まったら心臓発作別の道なんて言い訳するつもり?風が 吹いて風が 語るあなたの深層心理風が 吹いて風が
ごめんね スムージーYeah! Yeah!偶然 彼と会って話してたから駅のスタンドで せっかく買ったのに手に持ったまま忘れてた絶対 溶けてるわ今 ストローで確かめてみたけどなんか水っぽくて大失敗誰かのことを好きになるともう他のものなんて目に入らなくなる全部 そつなくこなすのは無理そのうちにどれかを失うのよ愛は犠牲を払ってもいいと覚悟決めなきゃ 掴めないあっと言う間に過ぎて行く無我夢中の時間ごめんね
金色の水が跳ねた太鼓橋 その下の川面(かわも)から…ほらふいにちゃぽんと落ちたんだあれは夜空の破片(かけら)か見上げてみれば真っ暗だ満月が消えた届かない光君がいないなんて…愛のない世界何かを拾わなきゃ終わりだよ夏草の青い匂い僕たちは恋してたはずなのに…ねえ風に吹かれて飛んでった吠えてたはずの狼探してみてもどこにもいない満月が消えた影のない夜空一つ欠けるだけで夢のない時間代わりを見つけなきゃ残念だほ
ああ 僕はここで何をやってる?何をやってる?一人つぶやくああ 僕はここでなんで生きてる?なんで生きてる?誰か 教えてどうしてこの世に生まれたんだろう?「産んでください」頼んだわけじゃないよワタボコリ ワタボコリふわふわ 舞い上がってワタボコリ ワタボコリ風に吹かれて サヨナラああ 僕はいつか何ができるか?何ができるか?気づくのだろうか?仕方がないから歩いて来たけど僕の人生なんてちっぽけなんだワタボ
途中で バスから降りたくなったの見過ごせないでしょう 今夜のプラネタリウム辺りは 街灯りさえも見えない草原の外れ ここからどうやって帰ればいいの?360度 空は両手を広げてすべてのものを見せてくれる惜しげもなく美しい世界流星ディスコティックどこかにあると聞いてた今 立っているこの場所来たことがない初めての地流星ディスコティックミラーボールが回ってるほら 踊りたくなって来た見たこともない流星群一人で
僕を置いて行くんだ深すぎる傷口きっとここまでの命これ以上 動けない君を残して行けないこの肩に掴まれ!引きずってでも連れてく真っ赤な痛みを…決断しなけりゃ二人とも死ぬ後悔しながら生きたくなどない僕たちは美しい戦士誇り高き男さ大事なことは死に方なんだ友よ お別れだ僕たちは美しい戦士何も恐れぬ勇者諦めないぞ 連れて帰るぞ愛した月日のすべてを君が行かないのなら僕もここに残る背中 向けられないだろう運命は一
ブンブンブン ブンブンブンブンブンブン ブンブンブンインフルエンサー(HEY!HEY!HEY!)ブンブンブン ブンブンブンブンブンブン ブンブンブンインフルエンサー(HEY!HEY!HEY!)いつだって 知らないうちに僕は見まわしている(何度も)君がどこで何をしているか気になってしまうんだ(落ち着かなくなる)声くらい掛ければいい誰もが思うだろう(できない)君がいる場所がわかったら僕には地図になるん
大人にはいつなったんだろう?ピアノを辞めた日か 卒業をした日か気づいたら子どもじゃなかったそんなに長くは生きていないのに…恋だってしたことはあるし仕事もしているしぼんやりと結婚も想像したりして…誕生日が近いいつのまにか 歳月(とき)は過ぎてる今日まで あっという間だった何をして来たのか? 何をしているか?人生を考えたくなる大人にはいつなったんだろう?メイクをした日か 接吻(くちづけ)した日か“初め
夕暮れ 近くにある商店街ママから頼まれた買い物をして小さな本屋で立ち読みしてたらあなたが歩いて来たあれから 何年が経ったのだろう?普段着 何だか恥ずかしくなったずっと 片想いで終わった人ちゃんと着替えればよかった髪が短い今に そんなに驚くなんて少しくらいは覚えていてくれた付き合ってる人はいるのかな一瞬 心の中で思った聞きたくても まさか聞けるわけもないそうお互い何をしてるのか同級生はどうしているか
カブリオレのルーフ全開にしちゃって首都高 湾岸線を走る爆音で流すソウルミュージックさえ風向き次第でやさしく聴こえる飛行機が青空横切ってく東京BAY永遠なんてどこにもない時間(とき)は何事もなく進むよWhy dont you fly away意外BREAK大丈夫かもねたかが 恋の一つ終わったくらいで意外BREAK普通だったもっと 落ち込みそうな気がしてた意外BREAK当てがなくてもAll right
WOW…ああ 目の前には鬱蒼とした森が(森が)広がってるああ 道なき道 先へ進まなきゃ夢に近づけない困難が(困難が)立ちはだかって逃げ腰になりそうなそんな試練に誰か味方はいるか?仲間は揃ったか?重なる木々に太陽のない世界(世界)手探りしながら 競い合う枝を払い草を踏む三番目の風になろう今までとは違う向きに吹き抜けろ!まだどこにも見たことない新しい空 切り拓け!僕たちは恐れてない希望の使命はそう 光
萎(しぼ)んでいた風船道の上に落ちてたそうきっと さっきまで空を飛んでいたんだろう元気がない時って誰もみんなあるよねこの胸のどこかからエネルギーが 抜けてしまったように…人生難しい大人は勝手だし世間は厳しいし親とは口も利かないし友達 誰とも心 開かないししあわせ知らぬ間に萎(しぼ)んで行くよ何なんだ?愛が破けてしゃべりすぎてるずっと 溜めた僕の怒りに背中 丸め 俯(うつむ)きながら独り言吐き捨てる