想い出を閉じこめて — 中西保志

淋しさ埋め合うみたいに
よりそった 写真さえも
別々の街で ちぎられる ただの紙に
変わるのか…

賑わう横断歩道も
ため息で かすむようさ
僕に似た人と 暮らしてる君の噂
届いたから

あいたくて もどりたくて
悔やむ胸が 切なさ呼び戻す
もう二度と 帰れないさ
立ち止まる くつ音も
過ぎさる季節に 追い越され
消えるよ

ときどき留守番電話に
沈黙が 紛れこむと
淋しがる君の 眠れない夜を想い
心 揺れた

あいたくて もどりたくて
冷えた受話器 見つめたこともある
君よりも 君の愛に
抱かれてた あの日々を
失くして初めて 輝きが見えるよ

ほんとに 幸せなら
切なさも閉じこめる
どうして 街は変わる
忘れ方も知らないまま…

あいたくて もどりたくて
迷うほどに 求めていたけれど
想い出に帰る地図はない
ただひとつ できるなら
誰より遠い 君の為に
「さよなら…」