恋するカレン — 中西保志

キャンドルを暗くして
スローな曲がかかると

君が彼の背中に
手をまわし踊るのを 壁で見ていたよ

振られるとわかるまで
何秒かかっただろう

誰か話しかけても
ぼくの眼は上の空 君に釘づけさ

Oh! KAREN 浜辺の濡れた砂の上で
抱きあう幻を笑え
Oh! KAREN 淋しい片思いだけが
今も淋しい この胸を責めるよ

ふと眼があうたび せつない色の
まぶたを伏せて 頬は彼の肩の上

かたちのない優しさ
それよりも 見せかけの魅力を選んだ

Oh! KAREN 誰より君を愛していた
心を知りながら捨てる
Oh! KAREN 振られたぼくより哀しい
そうさ哀しい女だね君は…