いい日旅立ち — 中西保志

雪解け間近の 北の空に向い
過ぎ去りし日々の夢を 叫ぶ時
帰らぬ人達 熱い胸をよぎる
せめて今日から一人きり 旅に出る

あゝ 日本のどこかに
私を待ってる人がいる

いい日旅立ち 夕焼けをさがしに
母の背中で聞いた 歌を道連れに…

岬のはずれに 少年は魚つり
青い芒(すすき)の小径を 帰るのか
私は今から 想い出を創るため
砂に枯木で書くつもり “さよなら”と

あゝ 日本のどこかに
私を待ってる人がいる

いい日旅立ち 羊雲をさがしに
父が教えてくれた 歌を道連れに…

あゝ 日本のどこかに
私を待ってる人がいる

いい日旅立ち 幸福をさがしに
子供の頃に歌った 歌を道連れに…