蒲公英~たんぽぽ~ — 中村中

君と笑う毎日が短く感じたのは
大切な時間だったからだと僕は思う
君が悲しむ時の顔を思い出せないのは
そんな時も君は僕に笑顔をくれたからだね

聞き分けのない僕でごめん そろそろ行かなくちゃ
君の迎えのバスが ホラ そこまで吹いてきてる

もっと広い世界で笑うのが似合う君だから
さよなら だけどまた 何処かで会いたい二人です

君が渡った大空には 眩しい虹が架かる
どんなに遠い場所でも 笑う君がみたいから

僕の知らない街角で 綺麗になってく君の事
さよなら 口にしても 忘れたりしないよ

もっと広い世界で笑うのが似合う君だから
さよなら いつかまた 僕の街角で
笑ってくれる日が来るまで