一番綺麗な私を – 中島美嘉

もしもあの春にあなたと出逢わなければ
舞い散る花びらはただ白く見えていたでしょうか?

もしもあの夏を二人で過ごさなければ
花火の輝きも残らずに消えていたでしょうか?

一番綺麗な私を抱いたのはあなたでしょう
愛しい季節は流れて 運命と今は想うだけ

もしもあの秋に私が戻れるのなら
隠し通したあの涙さえ見せてしまうでしょう

もしもあの冬にあなたを信じていたら
今も二人で寄り添いながら生きていたでしょうか?

一番綺麗な私を抱いたのはあなたでしょう
消えない涙の記憶を 運命と人は呼ぶのでしょう

ああ あなたも私を想うのでしょうか?
二度と戻ることのない 駆けぬけた季節を

一番綺麗な私を抱いたのはあなたでしょう
あの日心は震えてた だけど今溢れ出す
一番綺麗な私を抱いたのはあなたでしょう
時を超えるこの想いは 愛の他何があるでしょう

一番綺麗な私を…