百九番目の除夜の鐘 – 中島みゆき

百九番目の除夜の鐘 鳴り始めたならどうなろうか
百九番目の除夜の鐘 鳴り止まなければどうなろうか
このまま明日(あした)になりもせず このまま来生(らいしょう)になりもせず
百と八つの悲しみが いつまでたっても止みもせず
百九番目の鐘の音(ね)が 鳴り止まなければどうなろうか
やさしき者ほど傷つく浮世
涙の輪廻が来生(らいしょう)を迷う
垣衣(しのぶぐさ)から萓草(わすれぐさ)
裏切り前の1日へ
誓いを戻せ除夜の鐘
百九番目の鐘の音(ね)が 鳴り止まなければどうなろうか
百九番目の鐘の音(ね)が 鳴り止まなければどうなろうか

此の岸彼(きしか)の岸 船路の彼方
悔みの続きは後ろの彼方
前(さき)の生(しょう)から次の生(しょう) 今居る生(しょう)へ
浮橋に誓いをつなげ除夜の鐘
百九番目の除夜の鐘 鳴り始めたならどうなろうか
百九番目の除夜の鐘 鳴り止まなければどうなろうか
このまま明日(あした)になりもせず このまま来生(らいしょう)になりもせず
百と八つの悲しみが いつまでたっても止みもせず
百九番目の鐘の音(ね)が 鳴り止まなければどうなろうか

百九番目の鐘の音(ね)が 鳴り止まなければどうなろうか
百九番目の鐘の音(ね)が 鳴り止まなければどうなろうか