あいうた — 上間綾乃

褪せた写真に 写るあなたは 幼き私を抱いて
嬉しそうに 恥ずかしそうに おだやかに笑ってます
私に夢見て 私を信じ 人生を注ぎ込んで
気苦労だらけの 強きあなたは ひっそりと星になった

あなたの望んだ人になれたか分からず 私は夜空に祈る

ほほえみをくれた あなたに届けたい
「ありがとう」「愛してる」を
ぬくもりをくれた あなたに届くかな
しわくちゃな その手 思い 唄うから 伝えるから 心から

二度と会えぬと知っていたなら 話したい事があった
二度と会えぬと知っていたなら したい事があったのに

嘘つき 傷つけ 責めてばかりの 愚かな私を許し続けて

やさしさをくれた あなたに届けたい
「ごめんね」を「愛してる」を
厳しさをくれた あなたに届くかな
真っ直ぐなその目 思い 唄うから 伝えるから 心から

人は忘れ行く生き物と 賢き人は説くけれど
あなたとの事は忘れない 命果てるまで

安らぎをくれた あなたに届けたい
「いつまでも愛してる」を
幸せをくれた あなたに届くかな
さようなら 忘れないよ 遠くから見つめていて これからを