シルシ — 上原多香子

真夜中の電話 眠くてもまだ 夢中で話していた
ゆずり合っちゃう どっちも先に電話を切れない 切りたくない

誰にもいえず ひとり抱えてた
胸のイタミ まだあるの
キミが差しのべてくれた その手は やさしかった

このまま ふたりで 歩いてく
笑顔も なみだも 半分ずつにしよう
このまま つつんで あったかい un ドキドキするよね

キミに触れたとき はじまった

青空の下 キレイな空気は
冷たいけど いいよね
あてもなく 歩きながら 未来の夢を語り合えたからね

ふたりをつなぐ 糸を見つけたの
心の中にある シルシ
寂しくさせたりしない 決めたの 強くなれる

いつも向き合って 話そうね
ちっちゃなことでも 隠し事はなしよ
不安になることあっても ねえ 心配いらない

このまま ふたりで 歩いてく
笑顔も なみだも 半分ずつにしよう
このまま つつんで あったかい un ドキドキするよね

キミと一緒なら