善い酔い嘉い — 一世風靡セピア

東の都へ行(ゆ)くすゑは 善い・酔い・嘉い
時間(とき)の速さに負けてちゃならぬ

西の都へ行くすゑは 善い・酔い・嘉い
人の情けと欲が行き交う

孤独な旅人 東へ西へと 夢を抱きかかえ
好い・佳い・良い・吉い
浮世の悲喜に 出会っては別れて
好い・佳い・良い・吉い 好い・佳い・良い・吉い
好い・佳い・良い・吉い 明日(あす)は丁度嘉いさ

南の都へ行くすゑも 善い・酔い・嘉い
飄零(うらぶら)れを恐れちゃならぬ

北の都へ行くすゑも 善い・酔い・嘉い
好いた人と恋も芽生え
孤独な旅人 南へ北へと 想いを駆り立てて
好い・佳い・良い・吉い

現世の風に 吹かれて飛ばされて
好い・佳い・良い・吉い 好い・佳い・良い・吉い
好い・佳い・良い・吉い 明日は運が向くさ

孤独な旅人 東へ西へと 夢を抱きかかえ
好い・佳い・良い・吉い
浮世の悲喜に 出会っては別れて
好い・佳い・良い・吉い 好い・佳い・良い・吉い
好い・佳い・良い・吉い 明日(あす)は丁度嘉いさ