茶摘 — レインブック

夏も近づく八十八夜(はちゅじゅうはちや)
野にも山にも若葉が茂(しげ)る
「あれに見えるは茶摘じゃないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠(かさ)」

日和(びより)つづきの今日此頃(このごろ)を
心のどかに摘みつつ歌う
「摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにゃ日本の茶にならぬ」