LIMIT — リュ・シウォン

いつだって 忘れない あの日の誓いだけは
見守っていたいけど 最後のベルが
ふいに 鳴れば 行かなくちゃ

つれないよ 君の横顔が
僕の胸に 刺さってくる
冗談じゃないことが わかり過ぎて
heartache
ゴメン 何も話せないけど
たえられない空気だね
もう少しだけ 僕のこと 許して
sorry

まわりはじめた 時間が
二人を 苦しめてる
後戻りなど きかないはずの
この運命に かけるよ

いつだって 忘れない 君といた時間だけは
もうちょっと 抱きしめたい 時を止めたい
言葉さえも 虚しくて

苛立つ君の涙さえも
今の僕を 止められない
でも 本当の気持ちだけ 伝えたい
Can’t say

許されない愛情が
心の中で 叫ぶ
笑いあってた 思い出だけが
罪深くて 目を伏せた

横切った 一瞬の 迷いを 消し去るように
強がって 偽りの微笑み 残す

永久(とわ)に 君を 忘れない

あの頃 夢見た たった一つの流星
輝いていた 遠くのヒカリ
今なら この手が届く

慣れきった この部屋のドアを 背中で閉めて
失った約束と 固いキズナを
そっと 捨てて 歩き出そう

いつだって そばにいた 君の手の温もりは

一瞬の偶然と 僕の運命(さだめ)が
熱を 奪い 夢になる